福祉・介護講座

福祉・介護の習い事は、介護を必要とする家族のために、または介護の仕事をするために必要なスキルを身につけることができます。また、福祉・介護の仕事は資格を取得しているかどうかがとても重視されるので、介護の習い事をすることで資格を取得することとともに、スキルを身に付けることが重要です。これからの日本では、福祉・介護関連の仕事の需要が高まるでしょう。

福祉・介護を学ぶ上でのポイント

介護教室・福祉講座とは

高齢化社会において、介護・福祉の業界はさらに拡大し、そこで働く人材もますます求められています。介護教室・福祉講座では、現場で役に立つ介護の知識や技術を学べます。年齢や体調などの理由により弱者である、ケアを必要とする人を、安全に正しく介護するために、専門的な知識・技術を勉強します。家庭内での介護の質の向上に役立つことはもちろん、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、デイサービス、医療施設など様々な福祉施設での仕事に役立ちます。なお、介護・福祉関係の資格は多数存在し、介護教室・福祉講座で学ぶことによって資格取得も目指せます。

介護教室・福祉講座のメリット

介護の仕事をするにあたって、資格が必ず必要ということはありません。求人の多い職種ですので、資格がなくても働けるところはあるでしょう。しかし、介護の内容によっては、資格が必要になってきます。また、人を相手とする仕事のため、最低限知っておかなければならないことも多々あります。介護の世界には、介護職員初任者研修から、介護の唯一の国家資格でかつ上級資格となる介護福祉士まで、就くことのできる仕事や取得の難易度に違いがあるいくつかの資格があります。 現場で働いて実務経験を積みながら資格取得を目指す人も多くいます。介護教室・福祉講座には通信制と通学制がありますので、自分の勉強プランに合ったところを選ぶことによって、確実に効率よく資格取得への道を進むことができます。

介護教室・福祉講座探しのポイント

介護の資格には、経験に応じて取っていく順番があります。介護職員初任者研修から始まり、実務者研修、介護福祉士、ケアマネージャーという流れです。国家資格である介護福祉士の場合、福祉系の学校を卒業していない場合は3年以上実務経験が必須のため、実務と平行してスクールに通わなければなりません。また、取得している資格によっても受講期間は変わってきます。今の自分のスキルを確認して、取得すべき資格に向けて最適な介護教室・スクール・福祉講座を探すことが無駄なくスキルアップできるポイントです。また、介護事務・ガイドヘルパー・介護予防運動指導員など、数日で取得でき、人気もニーズも高い資格もありますので、実務経験はないけどまずは資格を取って仕事をしたいという人には取り組みやすいでしょう。

福祉・介護学校の検索 / ケイコとマナブ.net