件が資料請求リストにあります

社会福祉主事講座

社会福祉主事の習い事は、社会福祉主事任用資格を得ることを主な目的としています。資格を取得することで、福祉事務所の職員(ケースワーカー)として任用されたり、民間の福祉施設でも生活指導員として働いたりすることができるようになります。社会福祉の分野に興味がある方や、困っている人を放っておけない方におすすめの資格です。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の社会福祉主事講座を見る

社会福祉主事講座に関する体験談

  • 年齢
    28才 性別 男性
    【受講してよかったこと】専用のカリキュラムでは基礎的な相談援助の理論や方法などを学び社会福祉士として必要な事を、身につける事ができました。
    4.0
  • 年齢
    31才 性別 男性
    【受講してよかったこと】日常生活ではあまり見聞きしない法律や制度について、幅広く知る事ができました。
    3.0
  • 年齢
    -性別 男性
    【受講してよかったこと】今、福祉は個々人のライフスタイルを踏まえて支援するという方向性になっており、そういった最新の福祉について学べてよかったです。
    3.0

体験談一覧

社会福祉主事

社会福祉主事の講座・資格講座とは

社会福祉主事は、福祉事務所などに勤務し、生活保護や児童福祉、母子及び寡婦の福祉、高齢者福祉、身体・知的障害者福祉など地域福祉に関する仕事を行います。 社会福祉主事になるためには、各都道府県の公務員採用試験に合格したうえで、次に挙げる任用資格の基準のいずれかをパスしていることが必要です。 1.大学、短大、旧制大学、旧制高等学校、旧制専門学校において、厚生労働大臣の指定する社会福祉主事任用資格選択必修科目のうち、いずれか3科目以上の単位を修得して卒業した者 2.厚生労働大臣の指定する養成機関又は講習会の課程を修了した者 3.社会福祉士又は精神保健福祉士 4.厚生労働大臣の指定する社会福祉事業従事者試験に合格した者 5.1~4に掲げる者と同等以上の能力を有する者として厚生労働省令で定める者 社会福祉主事は、地域福祉における行政側の最前線に立つポジションとなります。社会福祉主事の講座・資格講座では、社会福祉主事の任用資格の基準のパスを目指すとともに、業務に必要な能力を身につけていきます。

社会福祉主事の講座・資格講座のメリット

社会福祉主事の講座・資格講座のメリットは、講師の指導などにより、効率的に社会福祉主事に必要な能力を身につけられるだけではなく、任用資格の取得を目指すことができます。 社会福祉主事になろうとする場合、任用資格の基準をクリアする必要があります。そのため、社会福祉主事任用資格の基準を満たしていない場合、厚生労働大臣の指定する養成機関又は講習会の課程の修了を目指すのが一般的になります。 通信講座も多いため、仕事を持っている方でも受けやすくなっていますので活用するべきでしょう。

社会福祉主事の講座・資格講座探しのポイント

社会福祉主事の講座・資格講座を探す際には、 1.仕事をしながら受講できるかどうか 2.フォロー体制がしっかりしているかどうか の順番に、チェックしておきましょう。 社会福祉主事を目指している場合、すでに仕事をしている方も多いと思いますので、仕事をしながら受講できるかどうかをしっかりとチェックしておきましょう。また、フォロー体制がしっかりしているかどうかも重要です。仕事をしながらだと、色々と大変なことが出てくると思います。勉強の進みが遅くなってしまったときなどのフォローなどをしてくれる講座を選ぶようにしましょう。

 

ケイマナニュース!

社会福祉主事学校の検索 / ケイコとマナブ.net