件が資料請求リストにあります

手話通訳士講座

手話通訳士の習い事は、手話で通訳するための技術を学ぶための習い事です。手話通訳士になりたい方の多くが認定試験を受験する為、試験の対策も合わせて行っています。耳の不自由な方にとっては重要な存在であり、社会的貢献にもつながります。手話でのコミュニケーションが求められる場所は多く、耳の不自由な方の活躍の場も広げることができます。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の手話通訳士講座を見る

手話通訳士講座に関するコンテンツ

  • 手話通訳士とは
    聴覚・言語障がい者の数は全国で約36万人(厚生労働省「平成18年身体障害児・者実態調査」)。手話により聴覚障がい者とその他の人の意思疎通を仲介することを「手話通訳」といいます。そして、手話を使って、聴覚障がい者と健聴者との間のコミュニケーシ…
  • 手話通訳士の資格を取得するには
    手話に関する資格の中でも、最難関といわれるのが、厚生労働大臣認定の「手話通訳士」。政見放送や裁判の手話通訳は、手話通訳士の資格を取得している人のみが行えます。障がい者の社会参加が進み、手話通訳のニーズが高まっているのに対し、手話通訳士として…
  • 手話通訳士資格の難易度
    手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)の合格率は、20.5%(第25回・平成25年度実施試験)。試験は年1回行われますが、試験実施の年によって、合格率は4~33%程度と幅があるのも特徴です(第13回・平成13年度試験は合格率4.4%)。 
  • 手話通訳士試験の試験日・受験料・申し込みまでの流れ
    手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)は、年1回行われ、20歳以上であれば受験可能。学科試験と実技試験はそれぞれ1日ずつで実施されます。
  • 手話通訳士の1日のスケジュール
    地域の手話通訳者派遣センターなどに登録し、依頼に応じて働く「登録通訳者」としての働き方をする人が多いようです。また、経験を積んだ後、フリーランスとして活躍する人もいます。
  • 手話通訳士の年収と仕事内容
    手話通訳士として登録している人は、3,271名(H26年7月現在)。その中でも、手話通訳士の収入のみで生活できるレベルの人は、ほんの一握りだと言われています。手話通訳士の働き方として多いのが、派遣登録して働く形態。派遣の場合の時給は2000…
ケイマナニュース!

手話通訳士学校の検索 / ケイコとマナブ.net