介護支援専門員・ケアマネージャー講座を探す

介護支援専門員・ケアマネージャー講座

介護支援専門員(ケアマネージャー)の習い事は、介護を必要としている人と、それを提供する福祉や医療、保健のサービスとを円滑に結びつけることができるようになる知識を学べます。また、介護支援専門員として高齢者の方やそのご家族と接することも多いので、話をしっかり聞きながらも的確に物事を考えるスキルを身につけることも可能です。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の介護支援専門員・ケアマネージャー講座を見る

介護支援専門員・ケアマネージャー

介護支援専門員・ケアマネージャーとは

ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護サービスや支援を必要とする利用者1人1人に合わせてケアプラン(介護サービス計画)を作成し、介護保険制度を利用して適切なサービスを受けられるように手配するのが仕事です。業務を行うためには、介護保険制度の内容を熟知し、医療や福祉サービスに関する詳しい知識を持っていなければなりません。 また、自治体からの依頼を受け、利用者とその家族に面談をして、要介護認定調査などを行うこともあります。ケアマネージャーはお年寄りが元気にのびのびと生活していけるように、縁の下の力持ちとして、お年寄りを支えていくサポーターのようなものです。職場はデイサービスの事業所、訪問看護ステーション、特別養護老人ホーム、地域包括センターなど様々で、結婚や出産後も職場復帰しやすく、やりがいのある職種だと言えるでしょう。

介護支援専門員・ケアマネージャーになるには

介護支援専門員・ケアマネージャーになるには、まず「介護支援専門員証」を取得しなければなりません。そのためには、「介護支援専門員実務研修受講試験」を受ける必要があります。ただし、受験するためには実務経験が必須です。福祉系または医療系の国家資格を持ち実務経験が5年以上の場合と、老人福祉施設やデイサービス業などで5~10年以上実務経験がある場合のみ受験資格が与えられます。そして試験に合格後、実務研修を修了すれば、ケアマネージャーになることができるのです。 最初は介護福祉士やホームヘルパーなどの仕事で実務経験をしっかりと積み、キャリアアップとしてケアマネージャーを目指すのもよいでしょう。

介護支援専門員・ケアマネージャー講座探しのポイント

介護支援専門員・ケアマネージャー講座探しのポイントは、「介護支援専門員実務研修受講試験」の合格実績が高いところを選ぶことです。この試験は出題範囲も広く難易度が高いため、例年全国平均で約6人中1人ほどしか合格できないと言われています。 また、福祉や医療の分野で働きながら、ケアマネージャーの資格取得を目指したい人には通信講座をおすすめします。自宅で好きな時間に自由に学ぶことができるので、忙しくても無理なく続けることができるでしょう。通信講座には、プロの講師によるきめ細かい添削指導もありますので安心です。教育訓練給付制度を利用したい人は、対応している講座なのかどうかも確認しましょう。

 

ケイマナニュース!

介護支援専門員・ケアマネージャー学校の検索 / ケイコとマナブ.net