医療事務・福祉事務講座を探す

医療事務・福祉事務講座

医療事務の習い事は、女性に人気のある習い事の一つです。医療施設内での一般事務に加え、患者さんの保険診療費を算定する業務がメインとなります。資格取得後は医療施設内に勤務するという事に限らず、保険診療費の算定(診療報酬算定)業務に関しては在宅で請け負うという働き方もあり、結婚後もライフスタイルに合わせて仕事を続けやすいという事が人気の理由の一つです。また、医療事務は年齢と関係なく長く働ける仕事といえます。

医療事務・福祉事務を学ぶ上でのポイント

医療事務・福祉事務講座とは

私たちが病院などの窓口で支払う医療費は、行われた診療内容について厚生労働省で定められた診療報酬点数を計算し、健康保険で決められている自己負担分を支払っています。医療事務は窓口で受付や会計業務、診療録(カルテ)の管理に携わるほか、残りの医療費を健康保険に請求する業務をおこないます。これらは数々の制度改正を繰り返す中、複雑化し、専門性を要求される業務となっています。近年、医療事務もさらに細分化され、歯科に勤務する歯科事務、調剤薬局に勤務する調剤事務、カルテの管理を専門とする診療情報管理士などがあります。 これらも含めた医療事務講座では、業務に必要となる医療保険制度や診療報酬点数の計算の仕方、診療報酬明細書(レセプト)の作成方法、カルテの見方などについて学ぶことができます。 一方、福祉事務は介護保険サービスの請求事務を行う業務で、福祉事務講座では介護保険制度や介護報酬制度について学ぶことができます。

医療事務・福祉事務講座のメリット

複雑な医療保険制度や診療報酬点数に関する知識は医療・福祉現場で業務を行いながら習得することも可能ですが、医療事務・福祉事務講座を受講し、体系的に学ぶことにより医療機関や診療科、施設を問わず通用するスキルとなります。 医療事務講座によっては修了後に講座独自の医療事務資格がもらえるところもあります。また、難易度の高い「診療報酬請求事務能力認定試験」を受験する場合、ある程度の受験対策が必要となりますので、講座受講のメリットは大きいです。

医療事務・福祉事務講座探しのポイント

数ある医療事務資格の中で「診療報酬請求事務能力認定試験」という試験は、就職・転職において有利な資格となるので、できればこれを目標に据えた講座選びがベストでしょう。受験対策講座があると安心です。 専門学校に通学して学ぶ・通信講座で自分のペースで学ぶなど、学習形態の選択肢はさまざまです。どちらであっても資格取得を目指して学ぶことは可能ですが、通学で学ぶ場合、実践で役立つ医療事務コンピュータの操作や電子カルテについて学ぶカリキュラムを設けているところもありますので、実践に即した内容を学びたい場合は検討の価値があります。 福祉事務は介護保険制度が医療保険制度などに比べ比較的シンプルなため、短期間でサクッと学べる講座がおすすめです。

医療事務・福祉事務学校の検索 / ケイコとマナブ.net