医師事務作業補助者講座を探す

医師事務作業補助者講座

医師事務作業補助者の習い事は、診療報酬制度や健康保険、医学に関する基礎知識を学ぶことができます。医師事務作業補助者は、医療秘書やメディカルアシスタントとも呼ばれ、電子カルテの入力や紹介状の発行、診断書の作成などの医師が行う事務作業を代行して行う事務職のことを指します。病院の事務職への転職するときも、この習い事で身についた知識は有利になります。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の医師事務作業補助者講座を見る

すぐ予約できる医師事務作業補助者の一回完結・体験レッスン

通学講座を探す体験レッスンを探す

医師事務作業補助者

医師事務作業補助者とは

医師事務作業補助者とは、忙しい医師に代わって業務の一部、事務的な業務をサポートする職種です。「医療クラーク」「メディカルアシスタント(MA)」「医療秘書」などと呼ばれることがありますが、呼び方が病院によって違うだけで、行う業務はおおむね同じです。医療事務が診療報酬を計算し「レセプト」作成を行うのに対し、医師事務作業補助者は医師の指示のもと「診断書」や「診療情報提供書(いわゆる紹介状)」の記入を行いますので、仕事の内容は異なります。医療文書の作成代行のほか、診療記録への代行入力(電子カルテ入力)、医療の質の向上に資する事務作業(カンファレンスの準備や症例登録など)、行政への対応(厚生労働省などに報告するデータ整理)など多岐にわたる業務を行います。

医師事務作業補助者になるには

海外では歴史の長い職業ですが、日本では平成20年の診療報酬制度改定により、医師事務作業補助者の設置に対して診療報酬を加算することができるようになったことと、厚生労働省が設置を促進していることもあり定着し始めてきた、新しく注目されている仕事です。医師事務作業補助者になるために必要な免許や資格などは特にありません。民間が行う認定試験がありますので、資格を取得していると、医師事務作業補助者として必須とされる知識を習得していることの証明となり、医療機関にとって求められる人材となるでしょう。なお、実務に就くには就職先の医療機関で6か月間の研修を受ける必要があります。医師や、薬剤師・看護師、医療事務職員との連絡が必要となるので、スタッフのみなさんと上手な関係を築くことができるコミュニケーション力が求められます。

医師事務作業補助者講座探しのポイント

医師事務作業補助者として働きたいけれど医療系の仕事をしたことがない、という人にまずおすすめの資格は、医師事務作業補助者実務能力認定試験です。誰でも受験が可能で、比較的難易度が低いので、通信講座などで勉強して受験してみるとよいでしょう。さらに上級の医師事務作業補助者の資格を目指す人には、医師事務作業補助技能認定試験・ 認定医師秘書(TM)など、難易度が高く、医療現場での経験が必要など受験資格が定められているものもあります。すでに医療の仕事に就いていながら学びたい人や、医療系の資格が複数取得できる通学型の医療スクールで学びたい人は、資料請求をして確認してみるとよいでしょう。

 

ケイマナニュース!

医師事務作業補助者スクールの検索 / ケイコとマナブ.net