歯科事務・歯科医療事務講座を探す

歯科事務・歯科医療事務講座

このページでは、歯科事務・歯科医療事務講座やスクールの情報を掲載しています。気になったスクールの情報を比較・検討して資料請求したり、体験レッスン申し込みもできます!まずは通いたいエリアを選んでください。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の歯科事務・歯科医療事務講座を見る

歯科事務・歯科医療事務

歯科事務・歯科医療事務とは

歯科事務・歯科医療事務は医療事務系の仕事のひとつですが、内科や外科などの医科の医療事務との違いは、器具の受け渡しや歯の型を取るための印象材を練ったり、取った型に流すセメントを練ったりなどの歯科診療の助手としての側面を持っています。(患者さんの口腔内に触ることは歯科衛生士の業務になるので歯科助手がそれを行うことは禁止されています) もちろん歯科医療事務も医科の医療事務と同様、受付・会計業務、診療点数の計算と診療報酬明細書(レセプト)の作成業務は必須です。 医師や歯科衛生士の業務の裏方全般を担い、診療行為を支えるという、やりがいのある仕事です。また、不安に思いながら受診に来られる患者さんの気持ちをリラックスさせてあげられる気配りが必要な仕事ともいえます。

歯科事務・歯科医療事務になるには

歯科事務や歯科医療事務になるには、特に資格は必要ありませんが、歯科でないと見聞きすることのない専門器具を扱ったり、専門用語が飛び交ったりする現場のため、歯科に関する知識を持っておいたほうが業務にスムーズに慣れていくことができます。また、歯科の診療報酬の計算方法は医科とは違うので、歯科の医療事務の知識が必要となってきます。 現在認定資格として、日本歯科医師会認定の「歯科助手資格認定制度」があります。これは認定の専門学校で所定の講習を受けると取得できます。その他、「歯科助手講座」などの名称の通信講座などを受講し、終了後認定試験に合格すれば取得できます。 そして資格以上に持っていてほしいのは「患者さんを思いやる心」です。患者さんにとって明るく居心地のいい診療風景を作っていけることも大事です。

歯科事務・歯科医療事務講座探しのポイント

歯科事務や歯科医療事務、歯科助手の資格を取得できる講座としては通信講座が多くあります。最近の通信講座にはDVDなどで学習できるものも増えていますので、歯科診療の具体的なことがビジュアルで学ぶこともでき、わかりやすくなっています。通信講座は比較的受講期間が短いものが多いので、短期集中で学習し、受験→取得を目指す方にはピッタリです。また通信講座によっては、技能認定振興協会(JSMA)の「医療事務管理士®技能認定試験(医科・歯科)」や日本医療教育財団の「歯科助手技能認定試験」が在宅受験できるものもありますので、そういった講座を選択するとより資格取得がしやすくなります。 通学の講座も上記と同様に多くの講座があります。最短1ヶ月で取得できるものから1年近く講習を受けるものまでさまざまです。学習にかけられる時間や費用、いつまでに取得したいかを検討し、ご自分に合った講座をお探しください。

 

ケイマナニュース!

歯科事務・歯科医療事務スクールの検索 / ケイコとマナブ.net