調剤薬局事務講座

調剤薬局事務の習い事は、調剤薬局事務の仕事に就職するうえで必要な知識を身につけることができます。医療事務の中の一つでありますが、調剤薬局で活躍するためのより専門的な知識を学ぶことができます。調剤薬局には普通の薬局と異なり薬の調合なども仕事としてあるため、薬剤師とのコミュニケーションを円滑にするためにも薬の知識を深めることも必要になります。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の調剤薬局事務講座を見る

調剤薬局事務

調剤薬局事務とは

病院で薬が処方される場合、現在は院外処方のところがほとんどですが、以前は院内処方でした。受診が終わって会計をするときは診察や検査代と一緒に薬代も払っていたのですが、会計の待ち時間短縮のために医薬会計が分業され、薬は院外の調剤薬局で処方、会計となったのです。そこで院内処方の時には医療事務が全てまとめて会計を行っていたものが、調剤の会計が分かれ、調剤薬局事務という職業ができたのです。仕事内容は、患者様から処方箋とお薬手帳を預かり、初めて来る方には問診票の記入をお願いし、再来であれば処方箋にミスがないかなどの確認をして患者様の情報をデータベースに記録します。レセプトの入力とお会計もします。調剤薬局によってはお薬手帳に残すために患者様に渡す薬情報の作成や、薬の在庫管理をする場合もあります。

調剤薬局事務になるには

商材薬局事務になるには、通信教育を利用して学ぶか、調剤薬局事務について学べる学校や講座に通うか、独学で学ぶかのいずれかです。調剤薬局事務の資格は必ず取る必要はない職業ですが、院外処方のシステムが導入されてから注目されて、現在では競争率も高く人気の職業となっています。就職先も資格がある方が、調剤薬局事務について一通り学び、仕事するにふさわしい知識と技術があるものと判断しやすいので、就職に断然有利になります。 カリキュラムでは、レセプトの点数計算、薬剤についての基本的な知識、記録に関するパソコンのスキルについて一通り学びます。

調剤薬局事務講座探しのポイント

受講が最後まで続けられるように受講期間や受講頻度、受講費用が自分に合っているものかどうか、比較検討します。通って学ぶ場合には自宅や職場などからの距離や通学時間を見ておくのも大切なポイントです。講座ではすぐ講師に質問して解決できる環境があるか、講義の様子はどうかなど、直接見学するなどして把握しておきましょう。通学だと就職の斡旋や就職相談などのフォローをしてくれるところもあります。通信教育で学ぶ場合には勉強するテキストのボリュームが自分に合っているのかどうか、映像で受講できるような教材があるかどうか、そして自分のペースが保てないと継続できませんので、短期間集中で取れるのか、少しずつ時間をかけても取れるのかなど、自分がどのように勉強していきたいのか、それに合わせて探します。試験対策への取り組みや合格率、課題や添削などのサポートについて確認しておくもの大切です。

 

ケイマナニュース!

調剤薬局事務学校の検索 / ケイコとマナブ.net