診療情報管理士講座

診療情報管理士の習い事は、診療録を高い精度で機能させ、医療の安全管理と質の向上に貢献できます。現在、IT化によって医療提供体制の改革が進み、診療情報管理士の業務は重要性を増しています。また、業務自体が拡大傾向にあるため、今後も医療機関での活躍が期待されており、需要のある専門職業です。そのため、資格取得者は医療機関への就職や転職で有利になります。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の診療情報管理士講座を見る

診療情報管理士

診療情報管理士とは

診療情報管理士とは、カルテ内容の精査や管理から始まり、そのカルテに記載された情報を元に疾病統計を作成したり、病院によっては紙カルテの物理的管理を請け負ったりします。また、保険請求に必要な記載チェックや間違っていた際の事務や医師などへの訂正指示なども含め、文字通り診療情報を管理するほぼ全ての業務を請け負うことになります。 制度としては比較的新しいため、医事課などと同居状態であったり、用度部門と同居であったりと、独立した組織体系であることは少ないですが、診療報酬加点の条件として専従者が必要になるため、数名程度の課として独立している場合もあります。

診療情報管理士になるには

診療情報管理士は、簡単に言えばカルテから全ての情報を管理し、分析抽出などを請け負うスペシャリストです。このため、医事の知識だけではなく、カルテ記載自体に関する知識も必要となり、医療知識についてもあればあるほど望ましいことになります。この仕事に関する民間資格がありますが、難しいことで知られています。 ですが、診療情報管理士として働く場合、資格は必須ではなく、無資格でも知識と技量があればお仕事をすることは可能です。 一般的には、既に医療事務などのコメディカル業務をされている方が、さらに知識を積んでそういった仕事を引き受けられるようになるか、専門の機関で学び、資格を取得してから就職するケースが多いようです。

診療情報管理士講座探しのポイント

既にコメディカル業務をされている方が、ステップアップを目的として診療情報管理士を目指すのであれば、資格取得のための通信講座などを探すのがいいでしょう。実際に資格を取得するかはともかく、日々の業務からの学びにプラスして、専門知識を学んでいくことで診療情報管理士への道が近づいてくるでしょう。 医療業界でのお仕事の経験がなく診療情報管理士を目指すのは少々難しいかと思いますが、それでも資格を取得すれば就職には有利に働くでしょう。資格取得には、資格発行団体が認可指定している教育機関(大学や専門学校など、通信講座も有り)で学ばないと受験資格が得られません。ですが、お仕事自体に資格が必須なわけではありませんから、例えば先に医療事務やコーディングスペシャリストなどを学び、その職種で医療業界に就職して、現場で学んでいくという方法もあります。

 

ケイマナニュース!

診療情報管理士学校の検索 / ケイコとマナブ.net