余ったお餅を活用!胃に優しい和風ロールキャベツ(ケイマナレシピ)

胃に優しい和食

和食

余ったお餅を活用!胃に優しい和風ロールキャベツ

お正月に余りがちなお餅を使ったほっこりあったか胃に優しい和風ロールキャベツです。

余ったお餅を活用!胃に優しい和風ロールキャベツ

キャベツに含まれるビタミンUは、胃壁の粘膜を丈夫にし、胃や十二指腸の潰瘍発生を抑制する働きがあります。
タネに消化のよい豆腐を加え、ふわふわに仕上げます。

材料(2人分)

  • キャベツ
    4枚
  • 鶏ひき肉
    150g
  • 木綿豆腐
    100g(約1/3丁)
  • 塩・胡椒
    少々
  • 生姜
    1かけ(10g)
  • 1つ
  • 生姜
    小さじ1
  • 顆粒和風だしの素
    小さじ1
  • 400cc
  • 薄口醤油
    大さじ2
  • 大さじ2
  • みりん
    小さじ2
  • 片栗粉
    小さじ2
  • 水(片栗粉用)
    小さじ1
  • さやえんどう
    3本
  • しめじ
    40g
  • 人参(飾り用)
    1cm

作り方

  1. キャベツはラップで包み、電子レンジで2分30秒加熱し、巻きやすいように芯の厚みをそぐ。

    人参は輪切りにし型抜きをし、しめじは石づきを切っておく。さやえんどうはすじを取り、塩少々を入れた熱湯でさっと茹でておく。

    1
  2. 豆腐は500w電子レンジで1分加熱し、出てきた水を捨てる。

    ボールにひき肉、水切りしあら熱をとった豆腐、みじん切りにした生姜、塩・胡椒をいれ、粘りが出るまでよく混ぜ4等分にする。

    2
  3. キャベツを広げタネをのせ、中心に4等分に切った餅を入れる。

    3
  4. 手前から2回巻いてから右側をたたみ、さらに向こうへ巻き込む。巻き終わったら、左側のキャベツを指で中につめ形を整え、爪楊枝で止める。

    3
  5. 鍋に隙間がないようにロールキャベツをしきつめ、水、和風だしの素、酒、醤油、みりんを加えて煮立たせる。

    弱火にし15分ほど煮たら、ロールキャベツを器に取り出し、残りのだし汁に人参としめじを加え、火が通ったら、水とき片栗粉でとろみをつけロールキャベツにかける。

    4
  6. ロールキャベツを半分に切って器に盛る。最後に人参、しめじ、さやえんどうを飾る。

    4
風間真裕子

風間真裕子

職業:
フードコーディネーター、料理教室インストラクター

広告代理店で勤務の後、フードコーディネーター養成スクールに入学。在学中、テレビCMや、テレビドラマ、料理本など様々な現場実習を経験。現在は料理教室で講師としても働く。
日本フードコーディネーター協会認定 フードコーディネーター資格(第055006号)の他、ベジタブル&フルーツアドバイザー資格、フードアナリスト、優美食インストラクター、ドリンクマイスター、テーブルコーディネーターなど多数所持。