体ポカポカ代謝UP!薬膳あんかけ天津飯(ケイマナレシピ)

冬太り対策!薬膳料理

薬膳・マクロビ・健康食

体ポカポカ代謝UP!薬膳あんかけ天津飯

滋養強壮によいクコの実や、血をキレイにし流れを良くする黒きくらげをプラスして、体の中から綺麗を目指しましょう。

体ポカポカ代謝UP!薬膳あんかけ天津飯

薬膳とは、東洋医学における食養生の事。
日頃の健康を維持するためには、体を巡る「気・血・水」のバランスを整える事が重要です。
冬は体が冷えやすく、肩こりや便秘など様々な不調が起りがち。
体を温める食材を取り入れ、血行を良くする事で、体調を整え、代謝をあげ冬太りを撃退しましょう!

海老やしょうが、ニラ、ネギは体を温めながら、気の巡りをよくします。
黒い食材は血の巡りがよくなり、水分代謝もよくなるので、黒豆の入った雑穀米がオススメです。

滋養強壮によいクコの実や、血をキレイにし流れを良くする黒きくらげをプラスして、体の中から綺麗を目指しましょう。

材料・分量(1人前)

  • 雑穀ご飯
    1膳分(約160g)
  • 海老
    50g
  • 片栗粉
    大さじ1/2
  • クコの実
    大さじ1/2
  • 2個
  • 鶏ガラスープの素(顆粒)
    小さじ1/2
  • 塩、胡椒
    少々
  • サラダ油
    大さじ1
  • ネギ
    30g(約1/3本)
  • ニラ
    15g(約2本)
  • 生姜
    15g
  • 黒きくらげ(乾燥)
    1g
  • ごま油
    少々
  • お好みで
  • A
    150g
  • A鶏ガラスープの素(顆粒)
    小さじ1
  • A醤油
    小さじ1/2
  • A
    大さじ1/2
  • A塩、胡椒
    少々
  • <水溶き片栗粉>
  • 片栗粉
    大さじ1
  • 大さじ1

作り方

  1. 海老の殻を剥き、爪楊枝で背わたをとって片栗粉をまぶし手で揉み込む。その後水で洗い流し、海老の汚れを落とす。

    1
  2. ネギは斜め薄切り、ニラは4cmに切りそろえ、黒きくらげは水に戻し千切り、海老は縦半分に切っておく。生姜は皮付きのまますりおろす。

    2
  3. ボールに卵、鶏ガラスープの素、塩、胡椒を入れ、白身のこしをきるようによく混ぜる。

    3
  4. フライパンに、サラダ油大さじ1を熱し、温まったら3を一気に流し入れる。ゆっくり大きく円を書くように混ぜ、片面のみ半熟状に焼く。器にご飯を盛り、その上に半熟の面を上にして、卵を乗せる。

    4
  5. 鍋にAを煮立たせ、海老、ネギ、千切りにした黒きくらげ、ニラを加える。火が通ったら、水溶き片栗粉でとろみをつけ、火を消す。仕上げに生姜の絞り汁と、ごま油を入れる。

    5
  6. 4にかけて、完成。卵の上にクコの実を乗せ、お好みでお酢をかけてお召し上がりください。

    6
風間真裕子

風間真裕子

職業:
フードコーディネーター、料理教室インストラクター

広告代理店で勤務の後、フードコーディネーター養成スクールに入学。在学中、テレビCMや、テレビドラマ、料理本など様々な現場実習を経験。現在は料理教室で講師としても働く。
日本フードコーディネーター協会認定 フードコーディネーター資格(第055006号)の他、ベジタブル&フルーツアドバイザー資格、フードアナリスト、優美食インストラクター、ドリンクマイスター、テーブルコーディネーターなど多数所持。

「体ポカポカ代謝UP!薬膳あんかけ天津飯」の関連レシピ