ソムリエ講座

ソムリエの習い事は、趣味としてはもちろん、飲食業に携わる人なのであれば実益を兼ねた習い事になってくれます。ソムリエは一般的にワインのスペシャリストとして知られていますが、ワインを提供する飲食店は非常に多くなりました。特に知識を重ねていってシニアソムリエという資格を取得できれば、さまざまな飲食店に求められる貴重なプロとなれるわけですから、一生をかけて努力する価値もあるでしょう。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のソムリエ講座を見る

ソムリエ

ソムリエとは

ソムリエとはレストランで客の要望に応えて、ワインを選ぶ手助けをしたりするワイン専門の給仕人のことをいいます。ソムリエの資格を持っている人は、認定を受けると規定デザインのバッジが授与されます。よって資格者としてバッジを着けることが許されるので、レストランでバッジをつけているかどうかでソムリエとしての資格を有しているかどうか判断ができます。現在フランスやイタリアでは、ソムリエは国家資格になっているほどの職種です。現在日本のソムリエのワインの知識は、フランスワインが主流となっています。 理由は日本のソムリエ試験のありかたが問題で、フランスワインに固執している感があるからだといわれています。 そういうこともあり、最近では偏ったワインの知識にならないように、ソムリエを国家資格にしたほうが良いのではないか、という方向に進みつつあります。

ソムリエになるには

ソムリエになるためにはどうしたら良いかということですが、実はソムリエは資格を持っていなくても働くことはできます。しかし資格を持っていたほうが、お客さんとの信頼関係も違ってきますし、自分のスキルを職場に理解してもらえるので資格を取得しておいたほうが良いでしょう。日本ではまだ国家資格はありませんが、資格として日本ソムリエ協会が認定するソムリエ資格と全日本ソムリエ連盟が認定するソムリエ資格の2つの資格があります。どちらも資格を取得できるとソムリエとしての認定バッジが授与されます。そのソムリエ試験を受けるためには、まず飲食業に一定以上の期間たずさわらないと受験できないので、ソムリエを目指すならまず飲食業に就職しましょう。

ソムリエ講座探しのポイント

ソムリエの試験の合格率は毎年平均40パーセント前後です。その試験の内容は一次試験はワインに関する筆記試験です。それに通過できると、今度は二次試験を受けることができます。その二次試験の内容は試験官による口頭問題や、ワインの利き酒などの実技試験が主な内容です。そこでこの試験を受けるために必要なのがソムリエ講座です。このソムリエ講座で大切なのは試験対策のためのカリキュラムが組まれているかどうかというところです。特に筆記試験は、過去問題も含め、繰り返し勉強できるかどうかはもちろん、二次試験の実技試験の内容にも対応したカリキュラムかどうかを、しっかり見極めましょう。ソムリエ講座はいくつかありますので資料請求し比較してみるといいでしょう。もちろん自宅から講座に通えない人のためには通信講座もありますので、問合わせてみると良いでしょう。

 

ケイマナニュース!

ソムリエスクールの検索 / ケイコとマナブ.net