調理師の仕事内容

料理を提供する、あらゆる場面で活躍

美味しい料理を提供する

調理師にとって最も大切な仕事は、安全で美味しい料理を提供すること。

身につけた調理のスキルをフルに活用して、食材を調理します。

飲食店や調理部門では、材料の下処理、調理、盛りつけと、徐々に高度な
技術を要する部分を担当していくのが一般的です。

調理師の専門学校では、さまざまなジャンルの料理が学べるので、調理
スキルの幅を広げながら、調理師としてのセンスも磨いていけます。

また、専門学校では、それぞれのジャンルの第一線で活躍中の調理師が
講師として授業を担当するところも多く、料理人としての心構えや、
プロが使う裏技なども学び取ることができます。

チーフ、料理長などの役職へステップアップしていくと、任される仕事の
範囲も広がります。

調理のほかにも、新しいメニュー作り、料理のコストの管理、スタッフの
取りまとめなど、その店の経営にも携わっていくこととなります。

こうしたノウハウは、自分で店を開く際にも必要となるもの。

現場で経験を積んでから、店を開く調理師も多いのです。

また、オーナーシェフとして店を開くノウハウまでを学べるカリキュラム
やコースを用意している専門学校もあります。

さまざまな場面で活かせる調理スキル

調理師は、レストランや料亭などの飲食店、ホテルや旅館の調理部門の
ほかにも、学校・病院などの給食、食品関係企業の開発部門といった、
さまざまな活躍の場があります。

料理に関するあらゆる場面で活躍できると言っても過言ではないでしょう。

さらに、レシピを考案する料理研究家として活躍する人や、自宅で料理教室
を開く人もいます。

こうした働き方は、結婚・出産後も続けられるため、女性の調理師が活躍
する場ともなっています。

調理に関連する資格取得で広がる活躍の場

ほかの調理に関連する資格を取得して、ステップアップにつなげることも
できます。

例えば、ふぐを提供するためには「ふぐ調理師」という資格が必要となり
ます。

「専門調理師・調理技能士」を取得すれば、より高度な衛生・調理の専門
知識と調理スキルの証明となり、調理学校の教員資格も得られます。

店を開く際に必要となる「食品衛生責任者」資格は、調理師免許があれば、
申請のみで取得することができます。

また、パンや菓子を製造するための「製菓衛生師」や、栄養指導を行う
「管理栄養士」などを取得していれば、仕事の幅も広がります。