調理師の収入

経験と技術を積むことで大きな収入も

初年度の年収は平均200〜300万円程度

レストランや飲食店、ホテル等で調理師見習いとして採用された場合、初年
度の年収は200万円〜300万円程度が相場です。

一般的な事務系職種と大きくは変わりませんが、一方で社員割引や賄い
など、食事補助があるところが多いのも調理師ならでは。

その分、生活費にゆとりができ、貯蓄に回している人も少なくありません。

また、同じ調理師見習いでも、資格を持っている場合、資格手当等を支給
している企業も多いため、資格のない人に比べて収入が高いケースが多い
ようです。

長期勤務や転職で収入UPするケースも

調理師は実績や経験、スキルにより評価される仕事です。

その職場に長く勤め、実績を積むことで、数人の調理師を束ねるチーフ
など役職につく場合もあります。

その際は、役職手当や基本給のベースアップなど、収入が大幅にあがる
ケースもあります。

また、過去の実績を評価され、転職先に高待遇で迎えられる場合も多いのが
調理師の世界。

一方、就職条件に調理師資格が必要な企業も多いため、選択肢を広げる
ためにも、調理師資格を取得したほうがよいでしょう。

開業や教員など、さまざまなステップアップも

オーナーシェフとして開業する道があるのも調理師の特徴。

お店の規模や業態にもよりますが、年商数千万円を実現する人もおり、
魅力ある料理でファンを獲得することで、高収入につながる仕事です。

調理師学校では、仕入先選定やコスト管理、マーケティングなど飲食店の
経営に関して学べる授業を行うところもあります。

開業した際に必要な知識を身につければ、将来の大きな武器になるはず
です。

さらに、レシピサイトや食品メーカーキャンペーンサイトでのレシピ考案
を行う料理研究家をめざす道や、自宅の一角を使って1組限定でおもて
なしをするハウスレストラン、お客様宅へ訪問するプライベートシェフ
など、開業の方法も広がっています。

また、調理師の上級資格である「専門調理師・調理技能士」を取得すれば、
調理師学校の教員として活躍する道もめざせます。

幅広い選択肢から活躍の場が選べる点も調理師の大きな特徴といえる
でしょう。