調香師講座

調香師の習い事は、香りのエッセンスが癒やしを与え、生活を楽しくしてくれます。また、自分だけの香水を作る喜びもあります。さまざまな香りを組み合わせて新しい香りを生み出せるところが魅力です。香水に興味があり、仕事として生かしたいなら、調香師として資格取得すれば、香りのスペシャリストとして、化粧品会社をはじめ、食品会社や香料会社の分野で活躍することができます。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の調香師講座を見る

すぐ予約できる調香師の一回完結・体験レッスン

通学講座を探す体験レッスンを探す

調香師

調香師とは

調香師とは、何種類もの香料を組み合わせて、新しい香りを生み出す専門家のことです。香水や化粧品、シャンプーや清涼飲料など全ての香りは調香師によって作られています。香りは商品の印象を決め、売れ行きを左右するとても重要なものです。より消費者のニーズを掴む香りを生み出すことが、調香師の大切な仕事と言えるでしょう。 調香師は主に食品関連の香りを作る「フレーバリスト」と、化粧品や洗剤、芳香剤など体の外部で使用するものの香りを作る「パフューマー」の2つに分けられます。主にメーカーや香料会社で専属の研究開発スタッフとして勤務することが多いでしょう。近年は商品開発だけでなく、空間そのものを香りでプロデュースする仕事も増えてきており、より一層活躍の場が広がってきています。

調香師になるには

調香師は一人前になるためには10年かかると言われるほど、職人気質が強い職業です。調香師になるには特別な資格は必要ありませんが、素材となる香料を扱うためには化学的分野の知識が必要となるため、理系大学の卒業者が多く採用されている傾向があります。しかし、調香を行うためには化学的知識に加えて、優れた嗅覚と、流行に敏感な芸術的センスが必要です。日頃から芸術に多く触れ、感性を磨くことが重要なポイントとなるでしょう。 また、調香師を目指すための「調香関連コース」を設置している専門学校もあります。香りに関する最新の情報は、欧米諸国から発表されることが多く、海外留学をして学ぶ機会もあるため、英語やフランス語などの語学力を身に着けておくと、必ず役に立つでしょう。

調香師講座探しのポイント

調香師講座探しのポイントは、「自宅から無理なく通える範囲に教室があるか?」「費用はどのくらいかかるのか?」「留学は可能か?」「卒業生の進路状況はどうか?」などを事前にチェックすることです。数少ない調香師専門学校の中には、香料の本場・フランスなど海外の調香師養成スクールへ留学できるコースがあり、現地で本格的な調香を学ぶことも可能です。 また、卒業生が大手香料メーカーへ就職しているなどの実績がある講座を選べば、卒業後に調香師として就職できる可能性が高くなります。また、少人数制の講座を選べば、プロの講師からしっかりと指導を受けることができるのでおすすめです。

 

ケイマナニュース!

調香師学校の検索 / ケイコとマナブ.net