件が資料請求リストにあります

ダンス講座

ダンスの習い事は、ストリート・タップ・社交ダンス・バレエなどいろいろな種類のダンスがあるので、自分の好みやレベルに合わせて選ぶことができます。将来プロとして活躍したいという方はもちろん、趣味やダイエット・健康のために習いたいという方にもおすすめです。また音楽に合わせて体を動かすので、年齢や性別に関係なく楽しみながらできる習い事です。

すぐ予約できるダンス講座の一回完結・体験レッスン

通学講座を探す体験レッスンを探す

ダンス講座に関するコンテンツ

  • バレエの道具
    バレエを始めるには何が必要でしょう?レッスンを始める前に、そろえておきたいものはバレエシューズ、レオタード、タイツ、の3つです。他にもレッグウォーマーなどいろいろなものがありますが、そうしたものは必要に応じて、自分の好みでゆっくりそろえてい…
  • 社交ダンスの種類
    「社交ダンス」というと、男女がペアになって優雅に踊る、ワルツを想像する人も多いのでは?元々ヨーロッパの宮廷舞踏が起源と言われ、宮廷の貴族達がパーティーなどで男女がペアで踊っていたダンスが原型。日本では鹿鳴館などで広まりました。その後、日本で…
  • ベリーダンスに資格はあるの?
    日本においてベリーダンスに資格制度はありません。団体や協会、スクールによっては独自に検定やレベル付けを行っているところがあり、それぞれで認定資格も用意されています。とはいっても、ベリーダンス界全般に広く浸透しているものではないようです。つま…

ダンスを学ぶ上でのポイント

ダンススクール・ダンス教室とは

日常生活で健康の事を考えた時、一番に頭に浮かぶのは体を動かす運動でしょう。特に家にいながら気軽に始められる運動といえばダンスです。最近はダンスを中心としたダイエットのDVDなども販売されるほどダンスは注目されています。そんな注目度の高いダンスですが、近年有名ダンサーがスクールを開校している施設も増えてきています。そんなダンススクールは家では習うことのできない難しいステップや、体の動かし方、そして正しい筋肉の使い方などを細やかに指導してくれる場所です。そしてダンスでも幼い子供や若者が好きなヒップホップやストリートダンスからおしゃれなタップダンスやフラメンコ、そして本格的な社交ダンスやバレエなどダンスの種類は豊富にあります。

ダンススクール・ダンス教室のメリット

最近中学校や高校ではヒップホップダンスが必須科目となりました。学校の授業でも取り上げられるほどダンスは浸透してきています。そして授業に合わせ、同時にスクールや教室に通う子供も増えてきています。なぜ授業以外でスクールに通うのかというと、授業ではこなせないテクニックが必要なステップや体の動きをマスターする事ができるからです。その他には体のいろいろな部分を単独で動かすような、柔軟なトレーニングも同時におこなえます。そして一番の人気の秘密は、専門のインストラクターが常時指導してくれるので、実践的なスキルを学べるだけではなく、実力次第では活躍できる場面を増やせるというたくさんのメリットがあるからなのです。

ダンススクール・ダンス教室探しのポイント

ダンススクールやダンス教室を探す時のポイントは、まずダンスの種類にもよりますが、しっかりとした先生がいるスクールを探す事が大切です。そこで一番注意して欲しいのが、有名なダンサーが先生のスクールだからと安易に選ぶのはNGです。なぜならダンサーとしては有名でも先生=指導者となると苦手という人もいるからです。その逆にダンサーよりも指導者としての腕がいいという人もいるので、クチコミなどしっかり下調べするようにしましょう。そしてここが良いと思うスクールや教室があった場合は、すぐ申し込むのではなく、一度は体験レッスンを申し込んでみて、そのスクールが自分に合うかどうか確認してから申し込むようにするといいでしょう。最後に有名な人が開いているスクールや教室は、当然人気があるのでレッスン費用も割高となる場合があります。レッスン代なども含め自分に見合ったペースで続けられるスクールや教室を探すようにするといいでしょう。

ダンススクールの検索 / ケイコとマナブ.net