件が資料請求リストにあります

バレエ講座

バレエ・バレエダンスの習い事は、子どもの習い事というイメージが強くなっていますが、実際に子どもや、あるいは子どもの頃からやっている大人を対象としたスクールが多数となっています。ただ、大人の初心者を受け入れているバレエ・バレエダンスのスクールも増えてきています。バレエ・バレエダンスは美容や健康への効果も高く、ストレス解消もできるので、趣味として始める人が増えています。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のバレエ講座を見る

すぐ予約できるバレエ・バレエダンスの一回完結・体験レッスン

通学講座を探す体験レッスンを探す

バレエ講座に関するコンテンツ

  • バレエとは
    バレエ(ballet)は音楽と踊りで構成された劇場用のダンスで、歌詞・台詞はありません。音楽伴奏、舞台芸術を伴い、ダンスによって表現されます。様式化された動きやポーズが用いられ、指先の動きや姿勢が美しい舞踊として有名です。最近では子どもから…
  • バレエのメリット
    美しくしなやかな身のこなし、スリムで無駄のない体。バレリーナといえば、そんなイメージが思い浮かぶのではないでしょうか。プロになるのは難しくとも、何歳からでも始められるのがバレエのレッスン。実際に20代後半から30代にかけて始める人も多いよう…
  • バレエの衣装・メイク
    レッスンのときの髪型は、肩や首の線がはっきりわかり、顔がきちんと見えるようにしたいものです。長い人はひとつにまとめてアップスタイル(シニヨンなど)にするのがおすすめです。短い人は結ぶか、ヘアクリップで留めてもよいでしょう。
  • バレエの道具
    バレエを始めるには何が必要でしょう?レッスンを始める前に、そろえておきたいものはバレエシューズ、レオタード、タイツ、の3つです。他にもレッグウォーマーなどいろいろなものがありますが、そうしたものは必要に応じて、自分の好みでゆっくりそろえてい…
  • バレエ音楽
    バレエ音楽とは、バレエの伴奏のために作曲された音楽のことですが、広い意味ではバレエの歴史に関係したすべての音楽を指します。また、もともとバレエのために作られた楽曲がバレエ以外のダンスの伴奏になることや、それ自体が音楽作品として演奏会で演奏さ…
  • 初心者向け、バレエの基礎用語集
    バレエ用語は、大半のものがフランス語。ネイティブでない限り、用語の意味を本当に理解して、細かいニュアンスまで感じるのはなかなか難しいものです。とはいえ、バレエ用語はレッスンをする上での「共通語」です。バレエ初心者にとって用語を覚えることは、…

バレエ講座に関する体験談

  • 年齢
    27才 性別 男性
    【受講してよかったこと】身体がやわらかくなった。ダンスが好きになった。実際にトゥシューズを履いて踊れた時のうれしさは他では味わえないと思う。運動する習慣が身についたし、運動がさほど嫌いではなくなった。
    1.0
  • 年齢
    28才 性別 男性
    【受講してよかったこと】スクールのベテランダンサーの方はとても教え方がうまく男性初心者の自分でもバレエの基礎的な事をすぐに覚える事ができました。
    4.0
  • 年齢
    32才 性別 女性
    【受講してよかったこと】子どもとのスキンシップを交えたストレッチを教わることができて,親子ともども楽しめたことが良かったです。
    5.0

体験談一覧

バレエ・バレエダンス

バレエの習い事・資格講座とは

ピアノの旋律に合わせて優雅に踊るバレエは、女性ならだれでも子供のころからの憧れでしょう。バレエはイタリアでルネサンス期に始まった劇場用のダンスのことを言います。バレエと一口に言ってもロマンティックバレエ、クラシックバレエ、モダンバレエと三つに分けられます。小さなころに習っていた人、大人になってからバレエの魅力に惹かれて習ってみようと考えている人、プロポーションを良くする目的で習いたいと思っている人…。バレエを習うことの目的は何なのかを明確にして、自分に合った教室を探してみましょう。日本では現在バレエ教師の資格というものは無いのですが、バレエと真摯に向き合い続けていけば、将来的にはバレエを教える指導者になることも、可能でしょう。

バレエの習い事・資格講座のメリット

何といっても衣装を身に着けることで気分が上がるということでしょう。チュチュなどのバレエ衣装は、実際は発表会などに参加しないと着られないのですが、練習用にレオタードを着てバレーシューズを履くだけでも、優雅な気持ちになり気分が上がります。初めてバレエに触れる人も、子供のころ習っていたけれど辞めてしまい、大人になって再開したいという人も、バレエは柔軟性と筋力アップの両方に効果があるので、習うことによって背筋が伸び、普段の身のこなしが美しくなれるのもメリットです。

バレエの習い事・資格講座探しのポイント

教室を探すポイントは、まず自分のレベルを知ることと、何を目指しているのかを明確にすることです。バレエシューズを履くのも初めてな初心者の人と、子供のころにある程度習っていた人ではレベルもクラスも違うことでしょう。また、その教室が何に重点を置いているかも調べておきましょう。健康増進や、スタイルアップのためのクラスなのか、発表会をして人に見てもらうことを目的としたクラスなのかで、費用や練習量もかなり変わってくることでしょう。いつか指導者になりたいと思っているあなたは、どの指導者の下で練習を重ねていくのかを考えましょう。生徒に論理的かつ的確に指導が出来る人で、尊敬できる先生の元で習い修行をすることが、将来のためにも有効です。そしてスクールの目指しているものに共感することが出来れば、あなたのバレエの指導者への道はそう遠くないかもしれません。

 

ケイマナニュース!

バレエ・バレエダンス教室の検索 / ケイコとマナブ.net