件が資料請求リストにあります

ポールダンス講座

ポールダンスの習い事は、一見難しそうに見えますが、経験がない人でも、簡単にポールを使いこなしてセクシーなダンスを踊ることができるようになります。ポールダンスができるとパーティーを華やかに盛り上げることもできますし、全身運動でもあるのできれいなボディラインを形成する効果もあります。ダンスのレッスンを受けながら、ポールダンスの似合う魅力的な女性になれます。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のポールダンス講座を見る

ポールダンス講座に関するコンテンツ

  • ポールダンスとは
    ダイエット効果が高く、女性らしいセクシーな動きも身につけられるエクササイズとして、海外の人気モデルや歌手、有名セレブに人気のポールダンスが今、日本でもブームになっています。少し前まではポールダンスと言えばストリップダンサーがセクシーに棒に絡…
  • ポールダンス人口が増加中!?
    ポールダンスは海外セレブが人気の火付け役となっているようですが、実際にも、一般的な筋力トレーニングとは違い、腕筋・腹筋・背筋・ヒップ・脚と、トータルに全身を鍛えられるエクササイズです。ポールダンスを続けているうちに自然と女性らしいしなやかな…
  • ポールダンスを始めるのに必要なもの
    ポールダンスに必要不可欠なものはポールです。ポールが無いと踊ることができません。しかし、バレエのレッスン用のバーを自宅に取り付けるのが難しいように、ポールも自宅に取り付けることが難しいためスクールで学ぶことをオススメします。スクールだと身体…
  • ポールダンスの衣装
    ポールダンスを行う時の服装に決まりはありません。足元も裸足でもハイヒールでも大丈夫です。ただし、ポールと素肌を密着させて空中で止まったりするので、動きやすく、ある程度手足が露出しているものがおすすめです。寒い時期はストレッチ中などに冷えるこ…
  • ポールダンスの動きサンプル
    まずはポールダンスの基本となる4つの動きについて紹介します。ウォーキングは自宅でも簡単に練習でき、日常生活でも役に立ちます。
  • ポールダンス上達のコツ
    ポールダンスは筋肉を使うエクササイズなので、毎日継続して行うことが大事です。しかし、毎日スクールへ通うことは難しいので、自宅ではストレッチを行い体幹(インナーマッスル)を鍛えたり、筋力維持に努めましょう。
  • 独学VSスクール
    ポールダンスを自宅で学べるDVDなども発売されているので、お金をかけずに簡単に学ぶこともできますが、一方的に流れてくる映像を見るだけでは、なかなか伝わらない部分も多く、自己流になってしまいがちです。独学だと、自分の好きな時間にエクササイズが…

ポールダンス

ポールダンスの習い事とは

ポールダンスとは、金属のダンス用ポールを使ったダンスで、エクササイズとしても行われています。ダンス経験のない方でも始めやすく、音楽ジャンルやダンススタイルに囚われず自由に表現できるダンスとしてここ数年、人気が出てきています。ポールを使ってアクロバティックな技もできますし、空間を使ったダンスしてその芸術性の高さも注目されています。ポールダンスの習い事とは、金属ポールに体重を預ける方法から、様々な姿勢をとること、そして技と技のつなぎ方などについて学ぶことができます。スクールでは初心者クラスから上級者クラスまでクラスが設定されています。

ポールダンスの習い事のメリット

ポールダンスの習い事のメリットとしては、有酸素運動と無酸素運動両方行えるダンスとして、全身を鍛えることができるという点が挙げられます。また、自分の体重を支える筋力と柔軟性が必要とされますので、続けていくことで体も引き締まり、技を成功させる練習ではバランス感覚も付きます。鏡を見ながら練習するので、自分のスタイルを意識でき、スタイルアップにもつながります。ポールダンスは表現方法が多様ですし、衣装も自由な部分が多いため、自分の個性が出せます。習える場所はそれほど多くないので珍しい習い事として話題性もあります。 ポールダンスは民間団体認定のインストラクター資格がありますので、ステップアップしていくことでインストラクターやプロとしての活躍も可能となります。

ポールダンスの習い事探しのポイント

ポールダンスの習い事は通いで学ぶことが一般的です。教室もまだ多くはありませんので、近くに教室がなく、通いに時間がかかることも考えらえます。その分モチベーションが保てるように自分が直接学びたいと思える講師を見つけることが大切です。表現が自由なポールダンスは、講師によって個性が様々ですので、自分の好みを見つけておくと良いでしょう。認定資格の取得を考えている場合には、民間団体認定の講座や資格講座を受講することで資格取得への近道となります。レッスンは短期で学べるものや、長期で学んでいくもの、1レッスンから受けられる教室、体験レッスンや見学ができるところもありますので、参加することで雰囲気を見てみると良いでしょう。

 

ケイマナニュース!

ポールダンス教室の検索 / ケイコとマナブ.net