件が資料請求リストにあります

ジュエリー・工芸講座

工芸・ジュエリーの習い事は、注目されている講座で、ジュエリーデザインを習得すれば、友人へのプレゼントにも活用できます。また工芸・ジュエリーをマスターすれば、趣味だけでなく、プロとして働く方法もあるので、働き方の幅を広げられます。また、インターネットなどを活用することにより、個人商店をオープンしている人も少なくありません。

通学講座を探す体験レッスンを探す

ジュエリー・工芸講座に関するコンテンツ

  • ステンドグラスの種類
    ステンドグラスは大まかに3種類に分けられます。一般的に言う「ステンドグラス」は色ガラスをさまざまな形に組み合わせたものを鉛でつないだもののことを指します。その他には、ガラスそのものに色味を焼き付けて絵画調に仕上げたもの、平面表現だけにとどま…
  • 自宅で陶芸!?面白い作品など
    自宅で気軽に陶芸を楽しめる「オーブン陶芸」が人気これから陶芸を始める方には、まずスクールで基礎的な知識や技術を身につけることをおすすめしますが、「スクールで学びながら自宅でも練習したい」「とりあえず自分でやってみたい」という方には、焼成作業…
  • 編み物で資格を取ろう!
    現在、編み物に関する資格で公的なものは(公)日本編物検定協会が主催・運営を行っている、毛糸編物技能検定試験とレース編物技能検定試験の2つがあります。文部科学省後援の技術検定試験のため、合格すると公的資格として履歴書にも記入できます。

ジュエリー・工芸を学ぶ上でのポイント

ジュエリー教室・工芸学校とは

ジュエリーやアクセサリーはファッションにおいて重要な要素のひとつです。最近は既製品のみならず、オリジナリティの強いハンドメイドのジュエリーやアクセサリーの人気が高まっています。ジュエリー教室や工芸学校では、趣味としてハンドメイドの自分だけのジュエリーやアクセサリーを作ってみたいと考える人に向けた短期間の講座や、プロのジュエリー作家として活躍したいと考える人に向けて、デザインの方法や、貴金属の扱い方、彫金の技術など専門的な知識を学ぶことができる長期の講座など、さまざまなレベルに合わせた講座を開いています。一般的にジュエリーの専門学校ではジュエリーに関する知識を幅広く学習するため全般的な知識を習得できます。彫金技術などの実習の時間は、工芸学校で開かれている講座のほうが多い傾向があります。

ジュエリー教室・工芸学校とは

ジュエリー教室や工芸学校に通うメリットとしては、実際に講師からアクセサリーの作り方を基礎から指導してもらえる点があります。趣味として始めたい人に向けた講座では、1回から数回のレッスンで、ひとつの作品を作ることができるものが多く、技術と同時に自分好みの作品も手に入れることができます。プロを目指す人に向けた講座では、彫金など専門的な道具を必要とする作業も、学校から道具のレンタルを受けられることが多いため独学よりも学びやすいのがメリットです。いずれにせよプロを目指す場合は、教室や学校で専門的な指導を受けることが近道といえます。

ジュエリー教室・工芸学校探しのポイント

ジュエリー教室や工芸学校はファッション系の学校で多く講座が開かれています。また、アクセサリーや彫金を専門に教える学校もあります。講座選びの際には、自分が求めるレベルに合う講座なのかをしっかり見極めましょう。プロを目指す人の場合は、候補にあがった学校を訪問して雰囲気やカリキュラムが希望に合うかを確認してみましょう。また卒業生の進路と制作した作品も確認すると、自分がめざしている作風に近いものを学べるのかを知ることができます。また、受講時間が多いことと、講師がプロとしての充分な経験を持っていること、プロとして活躍するためのサポート体制の有無も重要です。また、ジュエリーの制作には専用の設備や工具が必要不可欠です。学校の設備が十分なものか確認しておきましょう。

ジュエリー・工芸教室の検索 / ケイコとマナブ.net