水墨画講座

水墨画の習い事は、何よりもまず、制作する過程そのものが楽しいことと、高齢になっても長く続けられる奥深さがあるというのが大きな魅力です。水墨画は中国唐代の山水画がルーツといわれる古い技法でありながら、シンプルで味わい深いその表現は現在でも根強い人気があります。筆と墨と水を操る修練を重ねることで、絵手紙や色紙絵、染め付けなどの他分野にも趣味の幅を広げられるという楽しみもあります。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の水墨画講座を見る

水墨画

水墨画の講座・資格講座とは

水墨画とは、墨の濃淡と筆の動きを使って書かれた絵のことです。筆だけではなく、竹を使って描くものもあります。もともと中国の画法ですが、鎌倉時代に禅宗と共に日本に入ってきました。画風が好まれ、徐々に日本独自の発展を遂げて、今では日本の水墨画にもジャンルや流派が多数存在しています。趣味として水墨画をたしなむ人も多く、日本文化の一つとして定着しています。趣味として学べる講座の他、水墨画講師やその先の師範まで資格が取れる講座があります。水墨画に関する協会や団体はいくつもあり、それぞれカリキュラムや受講期間などが異なります。

水墨画の講座・資格講座のメリット

基本的に墨を使って、その濃淡や筆の運びなど、表現力が現れやすいので個性が出る楽しさがあるということです。また、始めるにあたって必要となるものが少ないため、初期費用がそれほどかからないという点もあります。書道の経験がある方ですと、筆や墨に慣れている分始めやすいということもあります。作品展や展覧会に応募することもできるので、目標を持って取り組み、充実感も得られやすいというメリットがあります。 また、講師や師範として生徒を持ち、仕事に発展させることもできます。免許状は協会や団体によってかかる費用が様々ですが、教室を準備する初期投資も比較的費用がかかりません。

水墨画の講座・資格講座を探すポイント

通学での講座は、まず開講している曜日や時間に通えるのかどうかが重要です。教室は講師や生徒によって雰囲気が様々ですし、流派によって画風が異なることも多いので、自分が好む画風で選ぶと良いでしょう。月謝などかかる費用についても教室によって異なりますので予算から考えます。また、展覧会や作品展などへの出展に積極的かどうか自由に表現でき、マイペースに学べるのかなど、目標に合うかどうかも大切です。通信でしたら添削指導の有無、そのサポートの手厚さや、受講期間の延長ができるかどうかなど継続して学びやすい条件が整っているかを確認します。 資格取得を考えている場合には、その教室で養成も行っているのかどうか、講師養成のカリキュラムの内容と期間などについて知ってから始めるのをおすすめします。流派によっては資格取得後に必ず会員となることが必要になるところもありますので、免許代や会員費など、予算に合わせて選ぶことも大切です。

 

ケイマナニュース!

水墨画教室の検索 / ケイコとマナブ.net