着付けを始めるのに必要なこと | ケイコとマナブ.net

着付けを始めるのに必要なもの・こと

着物や道具は必要? お稽古のときのルールは?
始めるときの疑問にお答えします!

着物は持っていないし、和服の心得はない…。

着付けを習ってみたいけど、わからないことがいっぱいで不安を感じている人も
いるでしょう。

いろいろな疑問にお答します!

着物は買わなくても大丈夫?

着物や帯は無料で借りられるケースも多い

着付けのお稽古では、着物や帯、着付けの小物などが必要ですが、
着物や帯は無料でレンタルできる教室が多く、着物を一枚も持っていない
という人でも気軽に始めることができます。

また、教室が提携する呉服店がある場合には、
「着物や帯を買わされるのでは」と不安にもなるでしょうけれど、
購入をすすめられることはないので安心を!

初めてのお稽古で用意するものは?
初めてのお稽古で用意するものは?

直接肌に触れるものは用意が必要直接肌に触れるものは用意が必要

着物や帯は教室でレンタル可能な場合が多いのですが、
直接肌に触れる下着にあたるものは自分のものを用意する必要があります。

着物初心者のために、必要アイテムをご紹介します。

どんなものを選べばいいのか迷ってしまったときは、教室の先生などに
相談するといいでしょう。

<用意が必要なもの>

  • 裾よけ
    腰から足元までの下着。

    ひも付きの一枚布を腰に巻き付けて着用する。

    足さばきがよくて歩きやすいものを選びたい。
  • 肌襦袢
    肌に直接着る下着。

    汗を吸い取りやすくやわらかいガーゼやさらしなどで作られているものを選ぶといい。

    肌襦袢と裾よけが一緒になった着物用スリップもある。
  • 和装専用ブラジャー
    胸元をおさえるために着用するブラジャー。

    着物を着たときのラインが美しく見える。
  • 長襦袢
    裾よけ、肌襦袢の上に着る下着。

    着物の汚れを防いだり、体型を整える役目がある。

    着物の格や色柄に合うものを選ぶのが基本。
  • 半衿
    長襦袢の衿に縫い付け、取り外しができるように縫う衿。

    長襦袢の首もとの汚れを防ぐためのもので、主に白い襟を使う。
  • 足袋
    「こはぜ」と呼ばれる留め具が4枚付いた、木綿の白足袋が定番。

    普段の靴のサイズより少し小さめな足袋を選ぶとぴったり履けて、足元も
    落ち着いた雰囲気に。
  • 補整用のタオル
    着物を着たときによけいなシワができないように、タオルや手拭いなどを
    使って体の凹凸を調整する。

    これを補整という。

    補整により、着崩れを防ぐことができ、着物姿を美しく見せることが可能
    になる。

小物はどんなものが必要?

着物を美しく装うために揃えておきたい着付け小物

小物は着付け教室で借りられるケースもありますが、着付けの仕上がりを
左右する重要アイテムなので、自分で揃えておくと、ほとんどの着物に
使えます。

  • 腰ひも
    着物の着崩れがないよう、腰に締める下締めのひも。

    着物の種類や帯結びで使う本数が異なる。
  • 帯板
    帯を巻くとき、帯の前側にしわが寄らないようにはさんで使う。

    前板ともいう。初心者にはゴムのベルト付きのものが便利。
  • 伊達締め
    長襦袢と着物に各1本ずつ使うのが一般的。

    着物の衿元がはだけるのを防ぎ、帯の締まりをよくし、すっきり整える役目
    がある。
  • 帯枕
    名古屋帯のお太鼓結びなどにするとき、帯の立体感を出し、形を整えるために
    用いる。
  • 帯揚げ
    帯枕を包んで固定し、前で締める。

    無地や絞り、刺繍入りなどさまざまな種類がある。
  • 帯締め
    着付けの最後に帯の上から締める、帯の形を保つと同時に、着物全体の
    アクセントにもなるもの。

着付けを習うときの心構えは?

着付けのレッスンを受けるときに注意したいこと

  • 教室への到着時間
    着付けのお稽古の場合、着物の準備をしたり、肌着に着替えておくなど、
    しっかりスタンバイしておく必要があります。

    レッスン開始時刻ギリギリではなく、開始5分〜10分くらい前に到着
    するのが望ましいでしょう。
  • ヘアスタイル
    和装の場合、襟足をみせるヘアスタイルが基本。

    レッスンのときも髪が肩にかからないよう、髪をアップにするか、バレッタ
    などで束ねるのがベストです。
  • アクセサリー
    着付けのお稽古ではアクセサリーははずすのが理想。

    指輪や時計もはずしましょう。

    引っかけてしまって、着物を傷めてしまうおそれがあるからです。