着付け師とは

成人式や結婚式などライフイベントで活躍。
年齢に関係なく長く続けられるのも魅力

手早く美しく着物を着せる仕事をする人が着付け師。

では着付け師は、どこでどんなふうに働くのでしょう?

仕事内容から収入までご紹介します。

着付け師の仕事内容

冠婚葬祭で活躍するほか、雑誌の撮影現場やきものショーでの着付けの仕事も

七五三や成人式、卒業式、結婚式などの行事で、着物の着付けをします。

着る人の年齢や体型を考慮してその人の雰囲気に合うよう、
着付けをするのがプロの腕の見せどころです。

行事での着付けのほか、テレビや雑誌、広告などの撮影現場での和装
スタイリスト、着物ショーや歌舞伎などの舞台用の着付けなど、活躍の場は
多彩。

呉服店などでお客様の着物選びのアドバイスをする和装アドバイザーとして
働くことも可能です。

着付けの先生として教える仕事

着付け教室の講師としても活躍でき、自分の教室を開業する道も開かれる

人に教えるのが好きという人は、着付け教室の講師として活躍する道も
あります。

着付けの技術はもちろん、着物に関する知識や立ち居振る舞いなども指導。

経験を積んだ後、自宅などで着付け教室を開業するという選択肢も
あるでしょう。

着付け師の働き方

副業的に働くことも可能。

子育てをしながら無理のないペースで働ける

雇用形態は正社員のほか、派遣やパートなど。

結婚式場、美容院などと契約し、成人式や七五三など繁忙期や週末だけ
稼働するという具合に、副業的に働くこともできます。

自宅で教室を開いている人も多く、結婚して子どもができても育児をしながら
自分のペースでできます。

冠婚葬祭の実体験などが活かされる仕事なので、年齢を重ねながら
長く続けていけるのが魅力です。

着付け師の収入の目安

着物の種類などによって着付け料は異なる

着物の着付け料は、着物の種類などで異なり、七五三の着付けは
1人5000円程度〜、振袖は1人1万円程度〜。

自分の着付け教室を開業した場合、生徒1人あたりの月謝は5000円
程度〜。

※収入の目安は、『稼げる資格2014年下半期版」および各団体、スクール、
就業者への取材をもとに算出しています。