日本舞踊とは

日本舞踊とはどんなもの

日本舞踊は歌や音楽に合わせて、日常的な動きやしぐさを舞踊として
表現するもので、江戸時代に歌舞伎や人形浄瑠璃の発達にともなって
派生しました。

広い意味での「日本の舞踊」を指す場合は神楽や伝承民俗芸能、
あるいは盆踊りや民謡といった民俗的なものまでが含まれますが、
一般的に「日本舞踊」と呼ばれているのは、あくまでも舞台上で
上演する事を目的とした一個の舞台芸術です。

そこには先行芸能である「舞楽」「能楽」の要素はもちろん、
様々な民俗芸能のエッセンスが洗練された形で含まれており、
古代から現代に至る日本の芸能の集大成とも言えるものです。

「日本舞踊」は能から伝わる「舞(まい)」と、歌舞伎からでた
「踊(おどり)」という2種類の体の動きがあります。

「舞」はゆったりした「すり足」、テンポ早く舞台の上を回る動きなど、
比較的単純な動作を組み合わせ、くり返します。

かつて神に捧げるものだった舞踊の、古い型の美しさを今に残しています。

一方、歌舞伎から生まれた「踊」は華やかで活発な動きが多く、
足を上げたり、回ったりと様々な振りがあります。400年近い歴史を経て
変化してきた日本舞踊ですが、現在では、歌舞伎を母体とする
いわゆる歌舞伎舞踊、 座敷舞の伝統を持つ上方舞や京舞、
新しい創造を目指す創作舞踊、新舞踊など様々な顔を持っています。

なかでも現在「日本舞踊」として行われているものには
「歌舞伎舞踊」と「上方舞・京舞」の二つの流れがあります。

日本舞踊の歴史

  • 日本舞踊の起源
    舞踊は人類の歴史の始まりから存在していたと言われています。

    日本にも古代から神事や宮廷歌舞としての様々な歴史があります。

    現在の日本舞踊の起源には、諸説が色々ありますが、一番有力なのが、
    今から約400年前に巫女たちがお守りを売る客寄せのために始めた
    「念仏踊り」だと言われています。

    この中でもとりわけ評判になったのが、出雲の阿国と呼ばれる女性です。

    江戸幕府が開かれた1603年、京都・四条河原に登場したと言われています。

    阿国は歌舞伎の創始者としても有名ですが、もともとは、
    歌舞伎と日本舞踊は同じものを指していたようです。
  • 二つの流れに分かれた背景
    日本舞踊に「歌舞伎舞踊」と「上方舞・京舞」、の二つの流れが
    出来たことは、東京を中心とする<江戸文化>と、
    京都・大阪を主とする<上方文化>に大きく関係しています。

    17世紀はじめに芽生えた歌舞伎は後半になって歌舞伎舞踊を
    生み出しますが、それまでは文化の中心は京都と大阪でした。

    ところが18世紀前半、江戸に文化の中心が移る頃から、
    歌舞伎は江戸中心となり、19世紀には江戸が京都・大阪を
    圧倒してしまいます。

    そんな背景を受け、京都・大阪では、舞台を離れて料亭の座敷、貴族の
    狭い空間で舞を演じ鑑賞することが盛んになります。

    これが「上方舞・京舞」として発展していきます。

    江戸の歌舞伎舞踊中心の舞踊を“踊り”と呼んだのに対して、
    京都・大阪の舞踊は“舞い”と呼ばれるようになりました。
  • 歌舞伎舞踊の成り立ち
    17世紀はじめ、歌舞伎が「演劇」と「舞踊」と「音楽」が混合している
    状態の初期から、17世紀後半にようやく演劇として成り立つ段階で、
    舞踊としての要素を取り出して創り上げていったのが歌舞伎舞踊です。

    歌舞伎とともに伝承され発達してきたものだといえます。

    そのため、歌舞伎舞踊の動きには、演劇のもつ日常生活の写実的な動きを
    抽象化して見せる部分や、演劇の中で誇大化して見せる様式美の
    部分もあります。

    また、演目も主に歌舞伎の題材からとったものが多いのが特徴です。
  • 日本舞踊の新しい波
    明治の文明開化では、舞踊は高尚なものとなっていきます。

    能舞台を模した松羽目物などが登場し、芸術的な舞踊の道へと
    歩んでいき、やがて日本舞踊の改革へと発展していきます。

    大正時代には「藤陰会」から新舞踊と呼ばれるものがおこり、
    一方で歌舞伎にも変化が起こっていきます。

    戦後、一時期低迷していた舞踊も歌舞伎とは別の立場で再び活性。

    その後、さらに大正時代とは異なる、新しい「新舞踊」が生まれました。

    現在「新舞踊」と呼ばれているものは、おおまかにわけて
    歌謡曲・小唄・端唄の三分野に振付して簡単に踊れるものを指します。