日本舞踊の種類 | ケイコとマナブ.net

日本舞踊の種類

日本舞踊には多彩な種類があります。

日本舞踊を学べる教室やスクールでは歌舞伎舞踊をはじめとする古典舞踊から、
流行の曲を新鮮な振付でおどる新舞踊まで幅広いものが用意されています。

自分が習いたい種類や好みに応じて教室を選びましょう。

屏風を立てた座敷で舞うもの

上方舞(かみがたまい)

いわゆる座敷舞のことです。

能に縁が深く、堂上の御殿舞を源流とし、そこに歌舞伎舞踊や
人形浄瑠璃からもエッセンスを取り入れて、凝縮された独自の世界を
創りだしています。

着流しに素踊り形式で屏風を立てまわした座敷で静かに舞います。

音楽は地唄が多いので、地唄舞とも呼ばれています。

歌舞伎舞踊(かぶきぶよう)

所作事ともいいます。

浄瑠璃や長唄を伴奏に使って踊ります。

浄瑠璃は竹本(義太夫とも呼ばれます)・清元・常磐津などを使い、
物語性が濃いものとなっています。

長唄の所作事は曲に合わせての動作の面白さを見せるところが特徴です。

※竹本・清元・常磐津・長唄はどれも歌舞伎の伴奏の種類。

詳しくは演目ページを参照ください。

多彩な演目がありますが、「○○物」と呼ばれるいくつかの種類
(ジャンル)に分けられています。以下はその代表的なものです。

  • 三番叟(さんばそう)
    能の「翁」を三番叟の部分のみ舞踊化した歌舞伎所作事。

    天下泰平・国土安穏の祝福の踊りで「寿式三番叟」がもっとも儀式的なものです。

    舌出し三番・操り三番・雛鶴(ひなづる)三番・晒(さらし)三番・
    二人三番など,趣向を変えたものが作られています。
  • 祝儀物
    開場式の余興や記念会などおめでたい場面で用いられます。

    金屏風を背景にして素踊り形式で格調高く踊ることが多いものです。
  • 道成寺物
    「能」の「道成寺」と取り入れて変化したもの。

    果たされない恋を怨んで、嫉妬心を燃焼させるという主題が盛り込まれています。
  • 浅間物
    反魂香伝説(香を焚くと死者の霊が煙の中にみえだすという、
    中国の武帝が最愛の李夫人を失ったときの奇跡の故事)と結びついて
    できあがった舞踊です。

    女性の情念の深さが霊魂の執念の深さと重なって恐ろしい世界を見せるため、
    怨霊物という呼び方もあります。
  • 石橋物
    能の「石橋」から題材を取ったもので、
    別名「獅子物(ししもの)」とも呼ばれます。

    能では高僧が難行苦行の末にやっと石橋を渡り、文殊菩薩のいる
    浄土にたどりつくというあらすじです。

    歌舞伎では色々な種類の「石橋物」があります。

    たいていは、前半部分は普通の人間で、その人間に獅子の精が乗り移って
    後半部分で本当の獅子になってしまい、最後に牡丹の花に戯れる、
    豪快な獅子の舞(毛振り)、となって終わりというものです。
  • 道行物
    「道行(みちゆき)」とは、道を行くこと、あるいは旅をすること。

    歌舞伎舞踊の場合には普通男女二人が目的地へ向かう道すがらの情景を
    描いたものをさします。

    他に一人、親子・主従、三人以上と様々な形があります。
  • 狂乱物
    物に狂った踊りなので「物狂い」とも呼ばれます。

    作品の主人公が女性の場合は,恋人やわが子を失ったのが原因による狂乱が
    圧倒的に多くなっています。
  • 曽我物
    鎌倉時代の曽我兄弟(そがきょうだい)による敵討ちに取材した作品で、
    通称『曽我の対面(そがのたいめん)』、または単に『対面(たいめん)』と
    よばれています。

    また曽我兄弟の登場する作品は、総称して「曽我物」とよばれ、
    現在でもたびたび上演されています。
  • 変化物
    妖怪変化の変化を指します。

    幾種類かの小品舞踊を組み合わせ、一人の踊り手が早変わりで続けて
    踊り分けるものです。
  • 能取り物
    能・狂言の作品を歌舞伎に取り込んだものを一般に能取り物と呼びます。

    「能」を取り入れたものには二つの演出があり、一つは歌舞伎ふうに
    アレンジしたもの、もう一つは「松羽目物」という能舞台を移した形に
    したものです。
  • 双面物
    二人の人物が同じ姿で現れて踊るもので、能では「二人静」が有名です。

    一人で演じ分けるものと、二人が別に演じるものの、二通りがあります。
  • 丹前物
    丹前風呂(風俗営業の銭湯)へ通う男たちの、独特の歩き方を
    様式化したものです。
  • 風俗舞踊
    江戸時代の風俗を写した曲で、ほとんどは市井風俗の風景を挿入した
    変化舞踊が独立したものです。

    物売りを描写したもの、托鉢僧や遊芸人たちなどの様子が表現されています。
  • 祭礼物
    江戸時代には数々の年十行事がありましたが、なかでも祭礼は人々の心を
    興奮・高揚させるものでした。

    そうした祭礼風俗が舞踊にとりあげられるようになったものです。