舞妓講座

舞妓の習い事は、現代の社会の中で教育のスタイルとして伝統的な様式・制度をひきつぐ世界のひとつで、一人前の舞妓になることを目指す修養です。厳しい世界であえて修養を続けることは、単に職業としての舞妓になる資格を得るためではなく、舞踊や長唄、三味線の技能を習得し、着物での立ち振る舞いといった女性らしい品格を身に付けることにつながります。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の舞妓講座を見る

舞妓

舞妓の資格講座とは

舞妓とは京都の花街で芸妓になるための見習いをしている15歳~20歳前後の女性をさします。宴会の席で唄や踊りを披露し客をもてなすのが主な仕事です。舞妓は置屋に住み込みで生活します。舞妓になるためにはこの置屋に入ることが必須条件となります。置屋とは舞妓の所属事務所と下宿を兼ねたものです。置屋では舞妓になるための修業期間を設けています。修業期間は各花街で多少異なりますが、半年から一年半というところが多いです。この修業期間の間に、唄や踊り、三味線などの芸事を習います。また着物の着付けやお化粧、日本髪のセットなどの身だしなみを自分でできるように教育をうけます。また京都以外の出身の人が舞妓になることも多いことため、舞妓らしい言葉づかいや作法も学びます。

舞妓の資格講座のメリット

舞妓になるためには、置屋で修業をすることが必須条件です。メリットは、頑張って修業すれば舞妓になりたいという夢を叶えられる、ということに尽きるでしょう。舞妓になるまでの修業期間は仕込みさんと呼ばれます。この期間中は置屋で女将さんの監督のもと、唄や踊り、京ことばなどの修業に明け暮れることになります。共同生活は先輩、後輩の関係などもあり厳しいですが、礼儀作法や芸事をマスターすることができます。また着物の着付けなども自分でできるようになります。置屋での修業や生活にかかる費用は、全て置屋が負担してくれますが、舞妓になってから返済していくことになります。とはいえ、生活そのものが修業といえるので、舞妓になりたい人にとっては絶好の環境だといえます。

舞妓の資格講座探しのポイント

舞妓を目指すにあたって必要な学歴などはありません。ただし舞妓は芸妓の見習いという位置づけなので15歳~20歳以下という年齢制限があります。舞妓になる資格を得るには置屋に所属する必要があります。京都の花街の組合から置屋に紹介されるというルートが多いようです。置屋では女将さんから面接を受けます。毎日の食費などの生活費や修業にかかる費用をすべて置屋が出資するので、この面接では修業に耐えられる覚悟を持っているのかや、容姿などさまざまな点からチェックされます。まずは舞妓になりたいという固い決意があることが求められます。また、日本舞踊や唄、三味線などを習っておくと有利な面もあるでしょう。

 

ケイマナニュース!

舞妓学校の検索 / ケイコとマナブ.net