ピアノ・鍵盤楽器講座

ピアノ・鍵盤楽器の習い事は、指を細かく動かす必要があるため、脳の活性化につながるというメリットがあります。また、ピアノ・鍵盤楽器の譜面の読み方を習えば、自分で好きな曲の譜面を見ながら弾けるようになります。歌の伴奏やバンド演奏に役立てることもでき、人と一緒に演奏する楽しさが広がります。さらに、老人ホームで童謡の演奏をするボランティアなどに参加することも可能です。

ピアノ・鍵盤楽器を学ぶ上でのポイント

ピアノ教室・鍵盤楽器レッスンとは

ピアノ教室・鍵盤楽器レッスンはとても身近なものなので、こどもの頃に通われたことも多いのではないでしょうか。優雅に、軽快に、静ひつに、悲そうに…。ピアノはさまざまな音色を奏でます。ピアノには、グランドピアノとアップライトピアノがあり、一般家庭にあるのはたいてい後者のアップライトピアノです。グランドピアノは舞台でのソロ演奏やオーケストラで用いられることが多いです。 鍵盤楽器は、ピアノから派生したようなもので、電子オルガンやピアニカ、アコーディオンなどのことです。いずれもピアノの形とよく似ていますが、少し特徴が違います。電子オルガンは電子楽器のひとつで、鍵盤で操作した音色はスピーカーを通して聞こえてきます。ピアニカやアコーディオンは、小学校などでも良く使われるもので、ピアノや電子オルガンよりもっと手軽に鍵盤演奏を楽しむことができます。

ピアノ教室・鍵盤楽器レッスンのメリット

子どもをピアノ教室に通わせるのは、主に感性を高めるための情操教育であったり、教養として楽譜を覚えるためだったりと、将来に向けての教育のひとつとしてとらえられます。幼い頃から才能を見出された子であれば、プロを目指してレッスンをしている場合もあるでしょう。 では大人はどうでしょうか? 大人の場合、これからプロを目指すといった大きな夢のためではなく、純粋に音楽を楽しむために習う方が多いのではないでしょうか。音楽は人間ならではの楽しい遊興のひとつです。音にふれ、演奏する面白さは、心の癒しにもつながりリフレッシュになります。仕事や勉強などで疲れたときに演奏に向き合う生活も心地よいものですね。ピアノは自宅にない、練習時間に困るという方は、電子オルガンやキーボードなど鍵盤楽器はいかがでしょうか。ピアノより安価で手に入り、気軽に楽しむことができますよ。

ピアノ教室・鍵盤楽器レッスン探しのポイント

ピアノや鍵盤楽器は独学でのマスターはかなり難しいものです。やはりきちんとした先生について教わるのがいいと考えられます。楽器のレッスンの場合、大人から始める方は、憧れの曲を目指してそのために基礎力をつけるといった目的でのピアノ教室も開かれています。まずはそうした視点から自分に合う教室を見つけてみるのはいかがでしょうか? レパートリーを増やすための講座などもありますので、ぜひ注目してみてください。鍵盤楽器レッスンの場合ですが、電子オルガンであれば、ピアノよりさらに気軽でカラオケナンバーなどのマスターから入る場合もあります。そのほかバンドを始めたいなどであれば、キーボードもおすすめです。目的に合わせた講座で、音楽を楽しんでください。

ピアノ・鍵盤楽器教室の検索 / ケイコとマナブ.net