ボーカル・声楽講座

ボーカル・声楽の習い事は、カラオケに誘われても、歌があまり上手くないのでいまいち気が進まない、または歌が下手なのでカラオケなんてもってのほかだ。そんな方にぴったりな習い事がこの講座です。毎回のレッスンでしっかりとボーカル・声楽について学ぶことができます。久しぶりに会ったご友人や、会社の同僚の方を驚かせてみませんか。また、美声を手に入れるチャンスです。

通学講座を探す体験レッスンを探す

ボーカル・声楽を学ぶ上でのポイント

ボーカルスクール・声楽レッスンとは

声楽とは「楽器」に対して「人声」を中心とした音楽の総称のことで、西洋のクラシック音楽の声楽曲を指し、日本の歌謡曲などなどは含まないことが多いと言われています。対してボーカルとは「発声の」「発声者」「歌い手」「歌を声に出して歌う人」という意味合いがあり、歌謡曲やポップスなども含め、歌い手を「ボーカリスト」と呼びます。 このことから、声楽レッスンは西洋クラシック音楽を通常はソプラノ,メッツォ・ソプラノ,アルト,テノール,バリトン,バスの6種に区分し、1人で歌う独唱、重唱(二重唱,三重奏など),複数人数による合唱など行います。発声法から歌い方まで基礎からしっかり学ぶレッスンです。ボーカルスクールはプロ志向から趣味の域の人まで幅広く習うことができ、洋楽・邦楽などのジャンルは問わず、発声法から歌の表現の仕方、リズムの取り方などを学びます。

ボーカルスクール・声楽レッスンのメリット

ボーカルスクールと声楽レッスンは同じ「歌を習う教室」ではありますが、方向性が違うので、それぞれの特性(メリット)をきちんと理解しておきましょう。ボーカルスクールはたくさんあり、教室によってあくまでも趣味として楽しくレッスンを受ける場合の教室と、将来プロボーカリストを目指す人が通うスクールまで幅広くあります。曲のジャンルは問わないため、練習の成果を発表する場に合わせて、自分の好きな曲をより上手に歌えるように練習したりできるので取り掛かりやすいと思います。また、上達してプロも目指したいと思っている人は、発声の仕方などの基礎はもちろんですが、ステージング等も習うことができます。 声楽レッスンのメリットは、歌を譜面通り正確に表現することを基本としており、舞台での独唱、重唱、オペラ、カンタータ等で表現されることから、舞台演者を目指す人や音楽大学を目指す人や、宝塚歌劇団や劇団四季などの歌劇やミュージカルへの入学試験・オーディションの準備に役立つ習い事となるでしょう。

ボーカルスクール・声楽レッスン探しのポイント

ボーカルスクール・声楽レッスンの教室を探すときのポイントは、それぞれの特性をきちんと理解し、自身がどうなりたいのかのレベルに合わせて探すことです。ボーカルと声楽の違いだけでなく、それぞれにも種類や目指すところが違うと思います。ボーカルスクールでは、趣味で始めたい人には「カラオケでもっと上手に歌いたい」などの趣味の範囲でも習える気軽な教室なのかということや、「歌の技術や表現力を磨いてプロになりたい」など、プロ志向の人は、スクール内オーディション制度でクラスランクのステップアップがあり、プロコースがあるスクールや、指導者に元プロミュージシャンがいるスクールなどもあります。声楽レッスン教室では、講師の経歴やその教室がどの分野に強いかなど、自身の目指すところと合致する教室を選びましょう。グループレッスンや個人レッスンなど、どのようにレッスンしているのかなど。どちらにも言えることですが、自分と教室の相性もありますので、無料体験レッスンやスタジオの見学など活用して、レッスンの雰囲気や教室の充実度などを体感しましょう。

ボーカル・声楽スクールの検索 / ケイコとマナブ.net