作詞・作曲・編曲・DTM講座を探す

作詞・作曲・編曲・DTM講座

作詞・作曲・編曲・DTMの習い事は、音楽をやる上で重要な基礎をしっかりと勉強できます。基礎がしっかりしているとさまざまなジャンルに応用がききますので、特にプロとして活動していきたければ基礎は必須です。書籍などを使って独学でも勉強できますが、理論などは独学では理解が難しいことも多いため、わかりやすく解説が受けられる作詞・作曲・編曲・DTM講座の受講が効率的です。

作詞・作曲・編曲・DTMを学ぶ上でのポイント

作詞・作曲・編曲・DTM講座とは

音楽は人々の心を癒したり、楽しませる効果が高く、さまざまなジャンルの音楽が日常生活のなかで使われています。音楽は作詞・作曲・編曲・DTMなどのプロセスを経て作り上げられます。作詞とは、メロディーに合わせた歌詞を作ることを指します。また、作曲はメロディーとコード進行を作る作業をさします。編曲は曲に伴奏をつけたり楽器を指定するなどのさまざまなアレンジをして曲を完成させる作業です。また、DTMとはDesk Top Music(デスクトップミュージック)の略で、パソコンで作曲や編曲をすることを言います。いずれの作業も個人の感性やセンスが重要ではありますが、知識やテクニックも必要です。作詞・作曲・編曲・DTM講座ではそれぞれの作業で必要になる知識やテクニックを実践的に学ぶことができます。

作詞・作曲・編曲・DTM講座のメリット

作詞は単純に言葉を並べるだけの作業ではなく、メロディーに合わせて人々の心に響く作品を作り上げる必要があります。文章力に加えて、音楽的な知識も必要とされます。講座に通うことで具体的な作詞のテクニックに加えて、音楽的なテクニックも学ぶことができます。作曲や編曲そしてDTMにはしっかりとした音楽理論の知識が必要とされます。心地よく、人が楽しめる音楽というのは音楽理論で説明がつくものがほとんどと言われています。講座で学ぶことで難解な理論もわかりやすく解説してもらうことができます。さらにDTMではパソコンなどの機材の扱い方を学ぶ必要があります。初心者には機材の選び方から指導してもらえるため、講座で学ぶメリットは大きいといえます。

作詞・作曲・編曲・DTM講座探しのポイント

作詞・作曲・編曲・DTM講座の探し方のポイントをご紹介します。いずれの講座も、音楽系の専門学校や教室で開かれていることが多いです。ただし、作詞については広告系の専門学校などでも講座がある場合があります。広告系の学校の授業では文章のテクニックが中心になるため、すでに音楽的なテクニックを学んだことがある人におすすめできます。いずれの講座を探す場合にも、自分のレベルや目的に合った講座なのかを確認しましょう。プロを希望する人の場合は、卒業生の進路や制作した作品に注目すると、目指す方向性と合っているのかを確認することができます。通学する講座が大半ですが、最近はオンラインで授業を受けられる学校も増えています。通学が難しい場合には検討してみてください。

作詞・作曲・編曲・DTM教室の検索 / ケイコとマナブ.net