DTMを始めるのに必要なこと | ケイコとマナブ.net

「パソコン」「作曲ソフト(Dawソフト)」「音源」の3つがあれば始められる

DTMは「パソコン」「作曲ソフト(Dawソフト)」「音源」の3つを駆使して
音楽を作っていきます。

技術の進歩に伴い、音楽初心者でもDTMでCD並みのクオリティの音楽を
作ることができるようになりました。

とはいえ、それには相応の技術や機材が必要。

パソコン一台で……とはいっても、それだけで本当にできることは限られています。

ここではこれから初めてDTMをしようと思っている人が最低限必要な
「もの」と「こと」を紹介します。

  • パソコン
    「デスクトップ」ミュージックというものの、別にノートパソコンでもOK。

    高性能なもののほうができることも広がります。

    一般的に同価格帯ではデスクトップの方がやや高スペック。

    ノートタイプは持ち運びしやすいため、場所を選ばず楽しめるのがメリットです。
  • DTMソフト
    「シーケンサーソフト」や「DAWソフト」と呼ばれるもの。

    ビジネス文書を作成するために「ワード」が必要なのと同様に、
    DTMをするためには「DTMソフト」が欠かせません。

    Macユーザーなら、Dawソフトがあらかじめインストールされているため
    すぐにDTMを始めることができます。

    WindowsユーザーがDTMを始めるにはDawソフトの準備がはじめの一歩。

    有料ソフトの方が高機能なのはいうまでもありませんが、高機能ゆえに
    操作がわかりにくかったり、初心者には必要ないような機能ばかりだったりします。

    フリーソフトといっても最低限必要な機能はそろっているので、
    最初はフリーソフト、慣れてきて機能に不満が出てきたら有料ソフト
    というのがおススメです。
  • 音源
    音源とは「指示された通りに音を出す」ためのもので、MIDI音源と
    呼ばれています。

    パソコンとDTMソフトだけでは音はでません。

    DTMソフトやMIDIキーボードからの命令を受けて実際に音を出すのが
    このMIDI音源です。

    音源にはピアノだけでなくギターやベース、ドラムなど様々な楽器の音が
    入っています。

    これらを組み合わせて音楽を作っていくわけです。
  • 打ち込み
    DTMソフトを使って「音源に対しての演奏の指示を書いていく」作業を
    打ち込みといいます。

    つまり「音源が理解できる形の楽譜を作る」ということ。

    楽譜といっても音楽の教科書に載っているような五線譜ではなく、
    各DTMソフトには視覚的にわかりやすい画面が用意されていますので、
    楽譜が読めなくても大丈夫です。

    ソフトによっては五線譜で打ち込みができるものもあります。

    DTMではピアノの自動演奏やオルゴールのように、あらかじめ指示された通りに
    音源が音を出します。

    その指示を作ることがDTMなのです。