PA講座

PAの習い事は、 電気機器を使用してレコーディングや編曲を学ぶ人気のレッスンです。パブリックアドレスのことで電気音響技術に詳しくなるために、音響機材の操作やシステム設計施工、そのメンテナンスを始めとして幅広い知識が要求されます。楽器を除くエフェクターやモニタースピーカー、ミキシングコンソール、マイク、ケーブルやアンプに至る知識を持つことになり、放送技術者を目指す人にとってはメリットが大きいです。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のPA講座を見る

PA

PA講座とは

PAとは、Public Address(パブリック・アドレス)の略称です。パブリック・アドレスとは、英語で放送設備を意味します。電気的な音響拡声装置のことをいい、企業のレセプション、発表会、ミニライブやコンサート、キャンプやホームパーティなどに用いられ、その存在は身近なものとなりつつあります。 かつては音響業者に頼むということが一般的でしたが、機材が低価格化したこともあり、個人などでもPAを扱い、楽しむ方が増えてきています。またイベント開催が多い企業の中には、PA担当者を設け、経費の削減を図っている企業もあります。 PA講座とは、PA音響を学び、PA音響を扱えるようになることを目指す講座になります。

PA講座のメリット

PA講座のメリットは、講師の先生から体系的にPAを学ぶことにより、効率的にPAの知識・技術を習得できる点です。 PAは、PA音響に使う装置などの知識を知るだけではなく、現地で、装置を設置し、ケーブルや端子の接続を自ら行う必要があります。またイベントの内容によっては機材のリースなども行う必要がありますので、カタログなどでスペックを見て、機材の性能などを理解する必要もでてきます。これらのことを独学で学んでいくのは大変ですので、講座に通い、講師の先生から学んでいくことが良いです。 PA関連の資格として、国家資格の舞台機構調整(音響機構調整)技能士試験などがあります。自分の能力を試すために受験してみるのも良いかもしれません。

PA講座のポイント

PA講座を探す際には、 1.講師の先生の指導能力 2.カリキュラム 3.サポート体制の充実度 などをチェックしておきましょう。 まず講師の先生の指導能力をチェックしておきましょう。この場合には講師の先生の実績や指導経験などを見てみると良いです。次にカリキュラムも重要です。座学だけではなく、しっかりと実技がカリキュラムに含まれている講座かどうかをチェックしておきましょう。最後にサポート体制についてもチェックしておくと良いです。PAは、最新情報の入手源なども限られていますので、メルマガやWebページなどでアフターフォローをしっかりとしてくれる講座のほうがベストな選択肢になります。

 

ケイマナニュース!

PA学校の検索 / ケイコとマナブ.net