自分のパーソナルカラーを知るメリットと検定・資格の取り方について | ケイコとマナブ.net

自分のパーソナルカラーを知るメリットと検定・資格の取り方について

パーソナルカラーとは、その人に似合う、その人の良さを引き立たせる色のことを指します。パーソナルカラーが合っている洋服を着ていると、肌をより綺麗に見せたり、若々しく見せたりする効果があるとされています。色彩活用パーソナルカラー検定やカラースタイル(R)検定という2種類の資格もあります。自分のパーソナルカラーを知るメリットや、検定の取り方などをご紹介します。

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーとは、その人を綺麗に見せてくれる色のことです。人には、それぞれ似合う色というものがあります。鏡に映る自分の顔がどこかどんよりとして見えたり、疲れていないのに体調を心配されたり……そんなことがあるとすれば、それは、色が合っていない可能性があるのです。
さて、このパーソナルカラーは、春夏秋冬に例えた4つのグループに分けることができます。

・スプリング

色相:温かみを感じさせるイエローベース / 明度:明るい / 彩度:鮮やかめ

・サマー

色相:冷たさを感じさせるブルーベース / 明度:明るめ / 彩度:穏やか

・オータム

色相:温かみを感じさせるイエローベース / 明度:暗め / 彩度:穏やかめ

・ウィンター

色相:冷たさを感じさせるブルーベース / 明度:暗い / 彩度:鮮やか

この4つのグループのどこに自分が属するかは、「肌」「瞳」「髪」の色により判断することができます。

パーソナルカラーを学ぶメリットとは?

パーソナルカラーを学ぶメリットとしては、自分自身をより明るく、綺麗に見せることができるという点に集約できます。
パーソナルカラーというあなた自身に調和する色の傾向を、服装やメイクに取り入れることで、印象が下記のように変わっていきます。

・血色がよく見えて、健康的で若々しい印象を周囲に与えることができる
・顔の輪郭線が引き締まって見え、小顔に見える
・目鼻立ちをくっきりさせる効果がある

逆に、パーソナルカラーではない色を選んでしまうと、肌がくすんで見えたり、疲れて老けた印象になってしまったり、さらには、顔の輪郭がぼやけて大顔に見えてしまったりします。
色によって、周りから見たあなたの印象は大きく変わるのです。恋愛やビジネスにおける、ここ一番のチャンスという時、自分自身が本来持っている魅力を最大限発揮し、好感度をあげることができるでしょう。
パーソナルカラーを学んでおけば、私生活でもビジネスでも自信を持って、優位にことを運んでいけるメリットがあります。

パーソナルカラー検定・資格・講座はどんなことが学べる?

パーソナルカラーの検定・資格としてはいくつかありますが、そのうち「色彩活用パーソナルカラー検定」と「カラースタイル(R)検定」の2つをご紹介します。それぞれの特色や特徴をまとめると下記の通りです。

【色彩活用パーソナルカラー検定】

パーソナルカラー検定とは、パーソナルカラーをビジネスに活かす方法を学ぶ検定です。この検定を学ぶことで、色を戦略的に活用し、自分や他人をブランディングすることができます。
仕事としては、ファッション・美容・ブライダル・デザインといった場面で活躍可能です。さらに、色で新しいビジネスモデルを作る「コンサルタント」のスキルを身に付けることもできます。

【費用】
・3級 5千円
・2級 8千円
・1級 1万5千円(2級を取得している者のみ受験可能)
出典:色彩活用パーソナルカラー検定 
http://www.j-color.or.jp/paso/guide/index.html

【カラースタイル(R)検定】

カラースタイル(R)検定では、なりたい自分をかなえるための勉強ができます。自身に似合う色やデザイン、自分を快適にしてくれる色を知ることができるのです。
さらに、立ち居振る舞いやマナーやコミュニケーション手法などを学んでいくこともできます。
カラースタイル(R)検定を取得すれば、職場でのスキルアップや転職・就職に有利になる他、セミナーや研修の講師になったり、自宅やオフィスでサロンを開業したりすることも可能です。

【費用】
・初級(3級) 7千円
・中級(2級) 無料(カラースタイル(R)検定認定校の修了試験に該当するため)
・上級(1級) 1万円

カラースタイル(R)検定の初級は誰でも受験可能です。中級以降はカラースタイル(R)検定認定校の講座を受講しなくては受験資格がないので、注意が必要です。
出典:カラースタイル(R)検定 https://www.csca.or.jp/license/

色彩活用パーソナルカラー検定では、色の分類方法、また判断基準が異なるパーソナルカラーの流派関係なく、共通した理論に関して基礎、応用どちらもトータルで学ぶことが出来るのが特徴です。一方、カラースタイル(R)検定では、カラー、スタイリング、立ち居振る舞い等、色だけではなく、よりイメージコンサルタントや、等の実践的な仕事への活かし方まで範囲に含めた資格となっているのが特徴です。

独学でパーソナルカラーは学べる?

パーソナルカラーは独学でもテキストなどを使って学んでいくことが可能です。しかし、スクールに通えば、プロから色の不思議さやおもしろさ、楽しさを直接認定講師から教えて頂き、より効率良く学ぶことができます。また、スクールでは他の人との見え方の違いなどを確認できますから、理解も深まります。

さらに、色彩活用パーソナルカラー検定はスクールに通わなくても受験可能な資格ですが、カラースタイル(R)検定の2級以降は認定校でしか取れない資格です。
本格的にきちんと学びたいなら、スクールに通うのが効率的といえるでしょう。

パーソナルカラーが分からないときは、ここを見よう

自分のパーソナルカラーを知るには、カラーコーディネーターといったプロに判断してもらうのが一番です。しかし、今すぐにでも知りたい時は、どうしたら良いのでしょうか。実は、自分で簡単にパーソナルカラーを知ることができるのです。
まず、自分自身が持つ色素が「黄みがかったタイプ」か「青みがかったタイプ」なのかを判断します。北窓昼光(北の窓から降り注ぐ昼間の光)のもとで判断するのがおすすめです。次に、目と髪の毛と肌の色素や血色を見て、イエローベースかブルーベースかを判断します。この方法によって、おおまかに春夏秋冬のパーソナルカラーに分類することができます。
ただし、素人ではやはり判断が難しいところもあり、より詳しく知りたいのならばスクールにいくと良いでしょう。

まとめ

仕事や私生活で自身をより魅力的に見せてくれるパーソナルカラー。自分でも手のひらなどからパーソナルカラーを判断することは可能です。しかし、より深い知識を得たいのであれば、スクールに通うと良いでしょう。スクールに通えば資格についてもより効率的に学ぶことができます。

(監修:スタイリング&カラーコンサルタント 都外川八恵)