マナーにも資格・検定があるの? | ケイコとマナブ.net

マナーにも資格・検定があるの?

キャリアアップや就転職にも活かせる!

テーブルマナーや冠・婚葬祭のマナーなど生活に役立つもの、
ビジネスシーンでのマナーを問うもの、マナーを教える仕事に関するもの…。

ここでは、代表的なマナーに関する資格・検定を紹介します!

まずはここから!幅広いマナーを学べる検定

マナー検定

(実施団体:全日本マナー検定協会)
http://www.e-manner.jp/index.html

全国で5万人以上が受験している検定。

「言葉遣い」「応接のマナー」「訪問のマナー」「テーブルマナー」
「手紙と電話のマナー」「ビジネスマナー」「冠婚葬祭のマナー」など
身近なテーマを幅広く学べ、楽しくマナーの基本を身につけられます。

初級・中級は、自宅で検定テキストを使って学ぶ通信教育方式。

試験問題も一緒に送付され、解答の提出期限もないので
自分のペースで学習・受験ができるのも大きなメリット。

上級取得後はさらに上位の資格「マナー・アドバイザー」を目指せます。

  • 《受験資格》
    初級:制限なし。

    中級:初級合格者が対象。

    上級:中級合格者が対象。
  • 《試験日程》
    初級・中級:随時。

    マナー検定から送付された試験問題を自宅で受験。

    上級:筆記試験と実技審査

    ※上級試験の試験日程・受験会場は協会に問合せ。

仕事に活かせる資格・検定

  • ビジネス実務マナー検定
    (実施団体:公益財団法人 実務技能検定協会)
    http://jitsumu-kentei.jp/BZ/index

    ビジネスパーソンとしての判断や行動、人間関係やマナー、話し方など
    「ビジネス社会の基本ルール(=職場常識)」を身につけているかを
    証明する検定。

    3級・2級・1級の3つのレベルがあり、どの級からでも受験が可能。

    3級・2級は筆記試験のみ、1級は筆記試験・面接試験が実施されます。

    「ビジネス実務マナー検定」以外にも
    秘書として必要とされる職務知識やマナー・接遇を問う「秘書検定」など
    ビジネスマナーについての多彩な検定も同協会が実施しています。

    《受験資格》

    制限なし

    《試験日程》

    年2回(6月・11月実施)
    ※試験会場など詳細は協会に問合せ。
  • マナー・プロトコール検定
    (実施団体:NPO法人日本マナー・プロトコール協会)
    http://www.e-manner.info/kentei/

    日本人として、社会人として必須のマナーや
    プロトコール(国際儀礼)に関わる知識と技能を認定する資格。

    「マナーの歴史」「冠婚葬祭のしきたり」「テーブルマナー」「ビジネスマナー」
    「服装のマナー」「国際人として必要なプロトコール」などを習得。

    国際ビジネス、サービス業、教育業界をはじめ、就・転職にも活かせます。

    レベルは、3級・2級・準1級・1級の4つ。

    3級・2級は、協会指定の通信講座受講後の在宅受験も可能です。

    《受験資格》

    3級・2級:制限なし
    準1級:2級取得者
    1級:準1級取得者

    《試験日程》

    年2回(7月・2月実施)
    ※試験会場など詳細は協会に問合せ。
  • 接客サービスマナー検定
    (実施団体:NPO法人 日本サービスマナー協会)http://www.setsuken.net/index.html

    接客サービス、ビジネスマナー、海外のお客様への対応など
    高度な接客サービス能力を証明する資格。

    航空、ホテル、ブライダル、リラクゼーションなどの業界をはじめ、
    就職や転職の際にも役立てられる資格です。

    3級・2級・準1級・1級の4つのレベルがあり、
    3級・2級は筆記試験のみ、
    準1級・1級は筆記試験と実技試験が行われます。

    《受験資格》

    制限なし

    《試験日程》

    年4回(2・5・8・11月実施)
    ※試験会場など詳細は問合せ。
  • 日本サービスマナー協会 マナー講師
    (実施団体:NPO法人 日本サービスマナー協会)
    http://www.japan-service.org/qualification/

    マナー全般の知識・技能を有していることを証明する資格。

    資格取得後は、マナー講師や社員研修の講師として活躍が目指せるほか、
    上級資格である「プロフェッショナルマナー講師」「コーチング」にも挑戦できます。

    《受験資格》

    制限なし

    《試験日程》

    協会が指定する「マナー講師養成講座」を受講した後、
    修了試験に合格すると、資格を認定。

    ※講座の開講日など詳細は協会に問合せ。

障がい者や高齢者へのマナーを認定

ユニバーサルマナー検定

(実施団体:一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会)

高齢者や障がい者などへの対応は「マナー」のひとつと考え、
適切なサポートができる知識と技術を認定する資格です。

3級と2級の2つのレベルがあり、
それぞれ取得講座を受講し、検定試験に合格すれば資格を取得できます。

  • 《受験資格》
    制限なし
  • 《試験日程》
    3級:月1回(東京・大阪)、
    取得講座を受講。講座受講後に検定試験を実施。

    2級:取得講座の受講後に検定試験を実施。

    ※講座の開講日など詳細は協会に問合せ。

マナーに関する検定・資格は目的に合ったものを選ぶことが大切。

検定や資格の対策講座を開講しているスクールもあるので
まずは体験レッスンやカウンセリングに足を運んで
自分にピッタリな資格はどれかを確かめてみて!