件が資料請求リストにあります

ベビーシッター講座

ベビーシッターの習い事は、子供が好きな方にとって楽しみながら続けることができます。ベビーシッターの資格を取ることができれば、その資格を生かして働くこともできます。子供が好きな方にとっては、小さな子供と触れあいながら仕事ができるので自己実現ややりがいにもつながります。ベビーシッターの仕事は今後も高いニーズが予測されています。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のベビーシッター講座を見る

ベビーシッター講座に関するコンテンツ

  • ベビーシッターとは
    ベビーシッターとは、保護者の代わりに赤ちゃんや子どもの世話をする人のことです。保育園後の時間や、母親の仕事や病気などで子どもの世話をすることができないような時、ベビーシッターの出番です!ベビーシッターは、依頼主の要望に応じて、子どもと遊んだ…
  • ベビーシッターになるには
    ベビーシッターは、国家資格である保育士免許や幼稚園教諭免許などと違って、法律上の資格はありません。しかし、ベビーシッターに対する信頼性を高め、そのサービスの質やベビーシッターの社会的地位の向上を図る目的で2000年11月より(社)全国保育サ…
  • ベビーシッターの仕事内容
    ベビーシッターとは、個人宅や託児所で、赤ちゃんから小学生位までの子どもの保育・世話をする仕事というのは冒頭でも説明しましたが、細かく見てみるとこんなにベビーシッターの仕事はあります。
  • ベビーシッターの給与・年収
    現在、全国には130を越す(社)全国保育サービス協会に加盟している専門の会社があります。会社が協会に加盟するためには、指導基準や研修制度など厳しい入会審査があります。そのため、協会加盟の会社で働くということは、ベビーシッターとしても周囲から…
  • ベビーシッターの1日
    ベビーシッターを依頼された家庭を訪問して、保護者と綿密な打ち合わせを終えたら、いよいよベビーシッターとしての仕事が始まります!
  • ベビーシッターになるのに資格は必要?社会人からでも目指せる?
    都市部では認可保育園に入ることができず、高い保育料の無認可保育園であっても定員オーバー、こんな悩みを抱える家庭が急増しています。この大きな社会問題である待機児童を解消するため、今注目されているのがベビーシッターです。ニーズの急増にともなって…

ベビーシッター講座に関する体験談

  • 年齢
    40才 性別 女性
    【受講してよかったこと】自分の子育てのときは余裕がなく必死で育ててきたのですが、ベビーシッターの心得やこういうときの子育てのポイントなどを抑えて教えてもらえました。この講座を自分の出産の前に知っていたらと思うようなことをたくさんしる機会とな…
    3.0
  • 年齢
    33才 性別 男性
    【受講してよかったこと】講義によって子供の抱っこの仕方や衣服の着脱だけでなく保護者とのコミュニケーションの取り方も学ぶことができました。地域の保育関連機関なども知ることができたのは有難いです。
    4.0
  • 年齢
    36才 性別 男性
    【受講してよかったこと】私がベビーシッターの講座を受講して良かったと思ったのはこの講座を受けたおかげでベビーシッターの基本的な仕事が分かりましたし、どういう仕事をやらないといけないかという事がはっきり分かったのが良かったです。
    4.0

体験談一覧

ベビーシッター

ベビーシッターとは

ベビーシッターとは、母親の代わりに乳幼児のお世話をする人をいいます。保育所の数は近年増えてきているものの、待機児童の数がまだまだ多い状況の中、ベビーシッターの需要が高くなっています。 ベビーシッターは基本、直接乳幼児の自宅に訪問してお世話をしますが、活躍の場はほかにも多数あります。デパートや映画館、イベント会場などで託児サービスを行ったり、自宅で開業される方もいらっしゃいます。平日は本業、休日だけベビーシッターの仕事をするなど、副業で行うことも可能です。 ベビーシッターの仕事も近年は多様化され言語教育や音楽などの教育が行えるベビーシッターや、小学生以上の学童を対象とするベビーシッター、産前産後のベビーやきょうだいをみるベビーシッター、発達障害児を専門にみるベビーシッターなどがいます。そのため、待機児童問題が一定解決したとしても、ニーズの細分化により、需要がますます高まるといえます。

ベビーシッターになるには

ベビーシッターになるには特に資格はいりませんが、顧客である母親のニーズから、わが子を預けるに足る専門知識・技術と職業倫理を備えている人が必要とされる現状の中、資格を持つ人のほうが信頼感はアップします。 現在、民間資格として「公益社団法人 全国保育サービス協会」が制定する認定ベビーシッターと一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)が認定するベビーシッター資格があります。ただし前者は、年齢制限及び実務経験が必要です。それぞれのスクールで講座を受講後、試験を受け、合格すれば資格が得られます。

ベビーシッター講座探しのポイント

資格取得を目標としてベビーシッター講座を探すなら、実務経験があるかないか・早く取得したいかで違ってきます。実務経験はないけれど早く資格を取りたい方にはJADPのベビーシッター資格を目指して、講座を受講することをお勧めします。スクールも昼間・夜間コースがあり、最短1ヶ月で取得することも可能です。通信講座も多くあります。 すでに実務経験がある方やベビーシッターの仕事をしながら資格取得を目指す方にはJADPのスクールの他に全国保育サービス協会指定のスクールで認定ベビーシッターを取得という選択肢もあります。スクールの中には保育所を運営しているところもあり、実習もそこで受けられたり、実際に現場で働いている方が講師をされているところも多いので、現場の様子を教えてもらうこともできるでしょう。 いずれの方法で資格取得するにも試験がありますが、合格率は例年90%以上なので、まじめに勉強していれば恐れることはありません。

 

ケイマナニュース!

ベビーシッタースクールの検索 / ケイコとマナブ.net