訓練士講座

訓練士の習い事は、犬などの動物を対象とした訓練の基礎的な知識や技能を身につけることが可能です。特に訓練士が得意としている動物は犬であることから、警察犬や盲導犬などの特殊な犬はもちろんのこと、家庭で飼われている犬であっても有効に訓練ができるようになれます。犬が大好きな人にとってはとても興味深く学ぶことができます。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の訓練士講座を見る

訓練士

訓練士とは

近年のペットブームから、犬の飼育率は非常に高くなっています。また、犬は家族の一員という考えが一般的になり、室内で犬を飼育する人が増え、旅行などにも犬を同伴する機会も多くなりました。そのため人間と犬がストレスなく楽しい生活を送るために、犬にしつけやマナーを教える必要が生じています。犬のしつけをすることは飼い主の責任ですが、飼い犬が大型犬であったり、知識や経験がない場合は難しいケースもあります。そうした場合に犬を訓練するプロフェッショナルが「訓練士」です。犬に基本的なルールを教えたり、災害救助犬や警察犬といった作業犬まで、幅広い目的で犬を訓練します。そのため、犬の生態や訓練技術など専門的な知識を持つ人が活躍できる仕事です。また体力も必要となりますので単なる犬好きというだけでは務まらない仕事といえます。

訓練士になるには

犬の訓練士になるために必要な資格や学歴は特にありません。しかし、訓練士として活躍するにはジャパンケンネルクラブ、日本警察犬協会、日本シェパード犬登録協会の3団体がそれぞれ認定している公認訓練士資格を取得していると有利です。資格取得には訓練経験が必要となるため、まずは見習い訓練士として訓練所などに住み込みで勤務したり、訓練士養成学校に通ったりします。麻薬探知犬、介助犬、盲導犬など種類によっては訓練士になるためのステップが異なります。たとえば麻薬探知犬の場合は税関職員が養成対象となるので、まず国家公務員試験を突破してから税関に配属される必要があります。また家庭犬の訓練士はペットショップや動物病院などで活躍したり独立する人も多いです。

訓練士講座探しのポイント

訓練士の講座を探す際のポイントです。まず自分がなりたい訓練士はどういったタイプのものかを確認しましょう。作業犬の訓練士の場合はそれぞれ訓練や養成機関が異なります。家庭犬のしつけを主に担当する訓練士になりたい場合は、公認訓練士資格を取得できる団体の認定校で訓練を積み、資格を取ると良いでしょう。また動物関連の学校でも犬のしつけの技術を学ぶことができる講座もあります。また公的機関に所属する訓練士を目指す場合は、訓練士としての勉強のほかに公務員試験を突破する必要もありますので、公務員試験対策の講座をあわせて受講しておくと良いでしょう。

 

ケイマナニュース!

訓練士学校の検索 / ケイコとマナブ.net