フラワーアレンジメントの作り方 | ケイコとマナブ.net

初心者でも簡単!フラワーアレンジメントの作り方

ここでは、はじめての人でも挑戦しやすいフラワーアレンジメントをご紹介します。

フラワーアレンジメントのスクールや教室では簡単なアレンジから始められるので、
全くの初心者でも楽しく挑戦できます。

誰でもできる!簡単アレンジメント

【準備するもの】
メインの花1種類、そのほかの花3〜4種類、金網、花器

① 金網を花器に合わせて丸くします。

② 花器に金網をセットし、水を入れます。

③ メインの花を金網の中央に入れます。次にそのほかの花を入れます。

④ 金網いっぱいに花が入ったら、高さや横幅などバランスを見ながら整えます。

⑤ あまった花で動きをつけてできあがりです。

買ってきたミニ花束でアレンジメント

【準備するもの】
花屋さんで売っているミニ花束
(ここではガーベラ・スプレーマム・スプレーバラ・ジニアミント・
スプレーカーネーション・ミントを使用)、吸水性フォーム、
花器(市販のミニカゴ※直径8cm×高さ7cmぐらいのサイズ)

  • ① カゴに合わせて吸水性フォームをカットし、水を含ませてから
    セロハンを敷いたカゴにセットします。ガーベラの茎を短く切り、手前に挿します。
  • ② ガーベラの後ろ側に、短く切ったジニアを3カ所に挿します。
  • ③ スプレーバラとスプレーカーネーションを切り分け、
    アウトライン(縁取り線)をとるように挿していきます。
  • ④ すきまを埋めるようにしてスプレーマムとミントを挿していきます。

    赤いスプレーマムはアクセントになるので、まとめて挿すのではなく、
    散らばるように挿しましょう。
  • アレンジのポイント
    花束を選ぶときは花形や色が多種の方がアレンジしやすくなります。

    花束を買ってきたら、中心になる花、アウトラインを作る花、
    隙間を埋める花、の役割を決めます。

    スプレー状の花は切り分けた方が使いやすくなります。

ガラスの器を使って簡単アレンジに挑戦♪

普段は食器として使っているガラスの器が花器に早変わり。

花をフルーツ感覚でアレンジしてみては?

トルコギキョウ、ブルースター、ワイルドストロベリー、スプレーバラ、
ミニ剣山、花器
(ガラス製食器※直径21cm×高さ8cmぐらいのサイズ)

  • ① 2段になっている上の皿にミニ剣山と水を入れ、剣山を隠すように
    下の皿に小花を散らします。
  • ② 短く切ったトルコギキョウが不等辺三角形になるように左側に挿します。
  • ③ ワイルドストロベリーを下に垂れるように左右に挿します。
  • ④ 全体のバランスをみながら、切り分けして葉を取り除いたブルースターを
    トルコギキョウの間に挿し、スプレーバラで隙間を埋めていきます。
  • アレンジのポイント
    花留めとして使っている剣山がみえないように、
    下の皿に小花を散らすとよいでしょう。

    ワイルドストロベリーの葉を実と切り分けて捨てずにポイントとして使用します。

    ブルースターは切ると白い液が出ますので、切り口を洗ってから使用しましょう。