件が資料請求リストにあります

庭師講座

庭師の習い事は、職人であるとともに芸術家でもある庭師を育成することから、美的な仕上がりはもちろんのこと、人に癒やしを与えることも目指します。庭師は生きた植物を相手にしていますので、生き物に対する愛情と自然環境への関心や配慮が欠かせません。日本の伝統文化として継承する意志をもって取り組んでいる方が多くいらっしゃいます。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の庭師講座を見る

庭師講座に関するコンテンツ

  • 庭師になるには
    ここでは、庭師になるための資格をご紹介します。また、庭師として働く場合の勤務先や、海外で活躍したい場合のキャリアプランに関する情報もご案内します。
  • 庭師の待遇・給与・年収について
    ここでは主に、庭師として造園会社に勤務するケースを前提とした、庭師の待遇や給与についてご紹介します。
  • 庭師の仕事内容とは
    庭師は、公園や街路樹、個人宅などの緑のお手入れを担当しています。造園スタッフや造園工と呼ばれることもあり、美しい景観を維持するための、縁の下の力持ちとも言える職種です。ここでは、庭師の仕事内容についてご紹介します。

庭師講座に関する体験談

  • 年齢
    33才 性別 男性
    【受講してよかったこと】講習のおかげで学科試験の対策ができ造園の専門的な知識も広がりました。
    4.0
  • 年齢
    36才 性別 男性
    【受講してよかったこと】庭師の資格を取って良かったと思ったのはこれを取ったおかげで自分の家の家の庭が綺麗にななって良かったです。これを取ってなかったら今でも庭が綺麗になってないと思います。
    4.0
  • 年齢
    31才 性別 男性
    【受講してよかったこと】いくつかの資格を持っているのですが、庭師はとてもとりやすかったと思います。
    5.0

体験談一覧

庭師

庭師とは

庭師は、庭を造る仕事です。古くは園丁(えんてい)、最近では「造園師」と呼ばれることもあります。主に個人から依頼を受け、庭石や樹木、池、水路、芝などを組み合わせて、一つの美的空間として庭を製作するのが仕事になります。 庭師には、美的センスだけではなく、植物や庭造りに使う素材の知識が必要とされます。また庭木などの剪定技術なども身につけていかなければなりません。 一つの庭を作り上げていく作業は、庭師ならではの魅力です。植物一つの配置だけでも大きく庭の印象は変わってしまうので、庭師には大きな役割があります。 洋風庭園の増加により、日本庭園は減少傾向にあります。しかし、個人宅を中心に、公園や公道、ゴルフ場など、庭師が活躍できる場はまだまだ多くあります。現場経験などをこなし「一人前」と呼ばれるようになれば、安定して仕事を行っていけます。

庭師になるには

庭師になるには、造園会社などに就職することが一般的です。高卒で働き始める方もいますが、造園科などの大学・短大、専門学校を卒業し、知識を身につけてから就職するのが一般的です。 造園会社は中小企業が多いため、一般的な会社員と比べると給与・福利厚生水準が低い傾向があります。ただし、庭師は職人の仕事ですので、腕が認められれば次第に給与は高くなりますし、ゆくゆくは独立という道も開かれています。 能力を証明する資格として、国家資格の「造園技能士」、「造園施工管理技士」などの資格がありますので、大学・短大、専門学校への入学をお考えの方は、ぜひこれらの資格取得を目指したほうが良いでしょう。

庭師講座探しのポイント

庭師を養成する講座は、主に大学・短大、専門学校の造園科になります。学校選びで重要なのは、資格の合格率と就職率です。 やはり造園技能士や造園施工管理技士は、造園業界にあたっての就職にあたって有利に働きます。できれば在学中に取得するために、資格の合格率は重要になってきます。また就職を目指して入学するのですから、就職率も重要です。造園会社への就職率を特にチェックし、入学したほうがいいでしょう。 庭師は職人の世界ですから、知識だけではどうしようもないことも多いです。就職した後のことも考えると、インターン制度などが整えられている大学・短大、専門学校などを選ぶのも一つの手です。

 

ケイマナニュース!

庭師学校の検索 / ケイコとマナブ.net