映画・映像・編集講座

映画・映像・編集の習い事は、複雑な機械やソフトを使うと思われがちですが、映像を切って繫げていき、そこに効果音や必要なエフェクトをかけていくだけなので、慣れてしまうと簡単です。ただし最初はやり方がわからないという方には、丁寧にレクチャーしますので、一つ一つ落ち着いて行えば映画・映像・編集ができるようになります。

通学講座を探す体験レッスンを探す

映画・映像・編集を学ぶ上でのポイント

映画・映像・編集講座とは

映画・映像・編集講座は、映画の核となるシナリオのライティングや最近機材を使った編集技術、リアリティを追求した特殊メイクなど映画、映像を支えるさまざまな技能を学ぶ講座です。業界で活躍するスタッフを講師として招き、見る人の心をひきつける映像の見せ方、動画を使ったマーケティング、クリエイターとしての働き方を実習で学びます。VFXやCGなど、デジタル時代の映像に欠かせない演出を支えるソフトのスキルも習得可能。自分が目指す職業に応じたスキルを高めるだけでなく、チームとして1本の映像を作り上げるコミュニケーションスキルを磨き、業界への就職・キャリアアップを後押しする講座です。

映画・映像・編集講座のメリット

実習を通して現場で求められる要素を確実に学び、自分のスキルとして反映できるのが映画・映像・編集講座の大きなメリットです。知識だけでは補えないプロのフィードバックを自分の作品に活かせるのは現場主義ならでは。映像の見せ方はもちろん、第一線で活躍するスタッフに指導を受けることでアイデアをどんな形で見る人に届けるのか、ライバルの多い環境でキラリと光るマーケティングの発想を鍛えます。扱う技術によってコースは細かく分かれていて、自分に必要な技術を絞り込んで勉強できるのも良いところ。最新の器材に触れるチャンスも多く、イベントやワークショップで常に新しい刺激を得ることができます。個人や少人数のチーム、企業への就職と幅広い働き方に応じたサポート体制が用意されているのも専門講座の大きな魅力です。

映画・映像・編集講座を探すポイント

シナリオ、演出、照明に音楽。一本の映像はたくさんのスタッフの力を合わせて生み出されています。進化し続けるこの業界で学ぶには、自分の方向性をはっきりイメージし、常に最先端の技術を追うことが大切。現場ではより完成度の高い作品を作り出すため、その道のスペシャリストとしての仕事が要求されます。ひとくちにCGといってもアニメーションやVFXでは学ぶ範囲が全く違うので、事前に資料をよく検討し自分のスキルを確実に伸ばせる講座を選ぶのがおすすめ。ツールのレンタルや割引など、個人では手に入りにくい機材・材料の導入方法も合わせてチェックしておきたいところです。ネットを使った学習制度、就職サポート、イベントやワークショップを積極的に活用して業界第一線のスキルを手に入れましょう。

映画・映像・編集学校の検索 / ケイコとマナブ.net