件が資料請求リストにあります

AD講座

ADの習い事は、アシスタントディレクターとして、ディレクターの補佐を行っていく流れや技術を学べます。ADの仕事では、ロケ地の情報の収集や、アポイントの取得や弁当の手配、収録に必要な用具の準備など番組制作に必要なことなら雑用まで、何でもします。現場の状況に合わせて臨機応変に動けるような、仕事のさまざまな技術を身につけられることが、ADの習い事の魅力です。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のAD講座を見る

AD

AD講座とは

アシスタントディレクター(Assistant Director)は、放送・映画業界において、演出部のチーフであるディレクターの下でその補佐を務める仕事です。ADと略される場合も多いです。演出補、演出助手、演出補佐と呼ばれることもあります。 テレビのバラエティ番組などでは「いじられ役」のイメージが強いADですが、その役割は多岐に渡ります。また、同じADでもテレビと映画の役割はまったく違い、映画のADは資金面や創作面で監督の代行を行うこともある重要な仕事になります。 テレビのADの場合、特に番組制作ADと呼ばれることもあります。その仕事内容は、取材内容のリサーチ、撮影現場のロケハン、撮影のシミュレーション、実際のロケの準備、ロケ、編集作業など多岐に渡り、体力とともに対応力などが求められる仕事になります。

AD講座のメリット

AD講座は、将来ディレクターとして活躍したい方、映画・テレビ業界で即戦力としてADとして働きたい方、就職活動の参考にしたい方などにとってぴったりの講座です。 ADとしての映画・テレビ業界の基礎知識を講師から直接学ぶことにより、より実践的な知識を身につけることができます。また、あまり知られていないADの仕事内容であったり、普段知ることができない撮影現場の様子などを知ることができますので、就職活動の参考にもなるでしょう。 また講座によってはディレクター業務を体験できたりするので、より臨場感ある体験として職業を感じることができます。 番組制作ADは、情熱と体力が必要な仕事だといわれています。ADを実際の職業にする前には、AD講座などで業務の実態などをよく知っておく必要があるでしょう。

AD講座探しのポイント

AD講座の探し方としては、番組制作ADと映画ADの講座、どちらを受けるかをしっかりと決めてから講座を受講するようにしましょう。 テレビ番組の制作を行う番組制作ADと映画のADの役割はまったく違います。映画のADは助監督と呼ばれることもあり、監督の代行としての役割を求められています。一方テレビのADは、ディレクターの補佐という仕事がメインになりますので、様々な雑務をこなす必要がでてきます。 ぜひ自分の進路を検討してみて、自分に合う講座を選んでください。

 

ケイマナニュース!

ADスタジオの検索 / ケイコとマナブ.net