広告・放送講座

広告・放送の習い事は、独学で学ぶことは中々できません。広告・放送で大切なのは、第三者に伝えること、つまりコミュニケーションの能力が基礎となるからです。独りで学んでも、一人よがりになりがちで、クリティカルに相手に情報を伝達することを身に付けることは難しいでしょう。人に「伝える」ということを学ぶには、人に習うことが近道になります。

すぐ予約できる広告・放送講座の一回完結・体験レッスン

通学講座を探す体験レッスンを探す

広告・放送を学ぶ上でのポイント

広告講座・放送学校とは

広告講座・放送学校は、マスコミ業界の広告・放送の分野に関する知識や技術を学ぶことができる学校です。広告講座では、広告ビジネスの基礎から広告プランニング、広告コピーライティングなど、広告やマーケティングについて幅広く学ぶことができ、放送学校は、テレビ番組のディレクション、編集技術、撮影技術などについて学ぶことができます。 多くの広告講座・放送学校では、マスコミ業界就職に向けての就職講座に力を入れており、マスコミ就職志望の学生の方を中心に広告・放送に関心のある多くの方が受講されています。 また、最近ではWeb広告が一般的となり、Web広告講座を開講する学校が増えています。

広告講座・放送学校のメリット

広告講座・放送学校に通うメリットは、実習に重点を置いた授業形式によって、実際の実務で活かせる知識・技術を効率良く身につけられる点にあります。多くの学校では、マスコミの現場で活躍するプロを講師に迎えて、より実戦的・専門的な授業を行い、就職や転職を視野に入れている方に有意義なカリキュラムを組んでいます。広告業界・放送業界への就職に向けての就職講座や就職支援も充実しています。 JPPA映像音響処理技術者資格認定試験などの放送技術に関する資格を学内で受験できる制度や、学内独自の検定制度を設けている学校もあり、資格を取得することで就職・転職の際に技術力を証明することに役立ちます。 また、授業内容や講師から、マスコミ業界の現状や情報を知ることができ、より深く業界の実情を理解することができるのも広告講座・放送学校に通うメリットの一つと言えます。

広告講座・放送学校探しのポイント

自分の目的や目標に合った広告講座・放送学校を探すには、まずは目指す分野を明確にする必要があります。一言でマスコミ業界といっても分野は多岐にわたります。広告業界で活躍したいのか、テレビや映画などの制作分野で活躍したいのか、その中でも制作技術者になりたいのか、ディレクションをしたいのか。携わりたい分野によって通う講座・学校・学科は異なります。まずはどのような仕事があるのかを知り、その上でご自身の適性を見極めて将来携わりたい分野を見つけると良いでしょう。 オープンキャンパスや体験授業に積極的に参加して、学校の雰囲気や授業内容、設備などを見ておくのも大切なポイントです。

広告・放送学校の検索 / ケイコとマナブ.net