アナウンサー講座

アナウンサーの習い事は、将来アナウンサーになるために大事な聞きやすい声の出し方や滑舌、正しい日本語を学ぶ事ができます。さらに敬語やマナーなども身につき、人に対して伝わりやすい話し方ができるようになります。アナウンサーにならなくとも、人前でわかりやすく話せる能力は重要であり、会議のプレゼンテーションや就職面接に生かすこともできます。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のアナウンサー講座を見る

アナウンサー

アナウンサーとは

アナウンサーはテレビやラジオといったメディアにおいて、世の中で起きている出来事をわかりやすく報じる仕事です。所属ごとに大きく二つにわけられ、ひとつは放送局に社員として所属する局アナウンサー。もうひとつは放送局に所属せず芸能事務所などに所属するフリーアナウンサーと呼ばれるアナウンサーです。それぞれ、局アナウンサーは担当する番組を会社が決定し、フリーは自分が担当したい番組のオーディションを受けて仕事をするという特徴があります。 アナウンサーは事前に用意されたニュース原稿を読み上げるほかにもナレーション、番組アシスタントに天気予報などさまざまな場で活躍するマスコミの花形職業です。番組を時間通りに進行させたり、ニュースの現場へおもむき取材をするのもアナウンサーの大切な仕事。そのため正しい日本語にくわえて世の中の動きに常に興味を持ち、現場で積極的に活動する能力が求められます。

アナウンサーになるには

一般的な局アナウンサーを目指す場合、放送局のアナウンサー試験を受けることになります。局アナ試験は毎年東京のキー局から順に始まり、面接や一般常識、実際にカメラの前で行う原稿の読み上げテストを経て合否が決定されます。一方、フリーは番組ごとに開催されるオーディションに合格することで番組を受け持ちます。フリーは新卒の局アナに比べて実力やタレント性などが問われますが、合格すれば自分の希望した番組を担当できるというのが大きなメリット。アナウンサーを目指す人のほとんどは放送局やプロダクションが主催するアナウンサー講座で正しい日本語やアナウンサーの心構え、表現などについて学びます。局アナとフリーのどちらも人気が高い職業で、合格するには講座で専門的な知識を学ぶことが必要不可欠と言えるでしょう。

アナウンサー講座を探すポイント

アナウンサーを目指すには、放送局やプロダクションが主催するアナウンサー講座を受講するのが良いでしょう。局によって学生キャスターの採用や現役のアナウンサーとのマンツーマンレッスン、フリー向けのオーディション講座など違った特色を打ち出しているので、さまざまな放送局の授業の具体的な紹介や試験までのスケジュール、学費サポートなどの内容を比較検討することが大切です。受講できる内容にはアナウンサーを目指す大学生のためのアナウンスの基礎、受験を控えた大学3、4年生のための試験対策講座、カメラに映る仕事ならではのメイクや写真撮影の授業などがあります。上でもあげた通り、アナウンサーはライバルの多い職業。自分のレベルや試験までの時間、克服すべき課題などを考え早いうちから計画的に受講することが重要です。

 

ケイマナニュース!

アナウンサースクールの検索 / ケイコとマナブ.net