作家・記者・出版講座

作家・記者・出版の習い事は、憧れのジャンルまたは職業であるとされています。作家・記者・出版は、誰もがその仕事をすることができるわけではないので実際に競争率も高いです。その中で、この業界で働くということは本人にとってかなりの誇りであると共に大きな自信にもなります。また、関連したジャンルの奥深くまで仕事をしながら知ることができます。

作家・記者・出版を学ぶ上でのポイント

作家・記者・出版講座とは

作家・記者・出版講座ですがこの3種類はぞれぞれ別の業種のようで、マスコミという同じ分野の仕事です。まず作家についてですが、これは小説やコラムなどの文章を書く作家講座はもちろん、この他に絵本を書く絵本作家講座や舞台やドラマのシナリオを作るシナリオ作家講座などがあります。どの講座を受けても文章を書くためのテクニックや知識を得たり、想像力を磨いたりすることができます。そして記者講座ですが雑誌や新聞の記者など記者としての取材に必要な情報や知識などを習得する事ができます。最後に出版講座には、雑誌や紙面などの編集技術やライターとしての技術はもちろん、ライティング能力や編集のスキルを身につけることができる編集・ライター講座や雑誌や紙面の文章の誤字脱字を校正する校正実務講座などがあります。これら全てを合わせて作家・記者・出版講座となります。

作家・記者・出版講座のメリット

作家・記者・出版講座のメリットをご紹介しましょう。これらの講座にはそれぞれのジャンルに応じて学ぶ知識が違います。まず作家なら小説やシナリオといった文章を作る想像力や、絵本作家なら、文章を考えることのみならず絵本の挿絵となる絵を描くための技術やカラーコーディネートなども学ぶことができます。最近のマスコミ業界は紙面だけではなくインターネットなどにも分野が及んでいます。紙面の知識だけではなくインターネット分野にも通用するような技術や知識を得ることが可能になります。

作家・記者・出版講座探しのポイント

作家・記者・出版講座の探しのポイントです。まず講座を受ける前に大切なのがあなたの夢です。あなた自身が将来どんな仕事に就きたいかということがポイントになります。例えば小説家として執筆業を目指したいならば作家講座を選ぶといいでしょう。自分には足りない執筆に関する知識や原稿の書き方などが学べます。その他に、ジャーナリストとして世界を駆け回るような記者になりたいと思うなら、記者講座やジャーナリスト講座がいいでしょう。取材のテクニックや現場の大変さなどのリアルな話も講師から聞けます。このように自分が目指したい夢や目標が講座の選択肢としてのポイントになるので、まずは自分の将来なりたい姿は何か自分としっかり向き合ってみましょう。

作家・記者・出版学校の検索 / ケイコとマナブ.net