作家・小説家講座

作家・小説家の習い事は、文筆業を目指したい人が第一歩を踏み出すきっかけとなる習い事です。物語構成の仕方や魅力的なキャラ設定について学習をします。小説は文体によって印象が大きく変わりますが、有名な作家・小説家の文体を読み解きながら解説し、受講者それぞれが自分に合った文体を見つけるためのヒントを得られます。プロを目指す人だけでなく、日常の中で小説を書いて楽しみたい人にもおすすめの習い事です。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の作家・小説家講座を見る

作家・小説家

作家・小説家とは

作家とは、文章を書くことを職業とする人のことで、特に小説を書く人を小説家と言います。作家・小説家の仕事は「書く」ことです。 誰でも「作家・小説家です」と名乗ることはできますが、仕事として成り立つには収入が必要となります。作家・小説家の収入源は主に「原稿料」「印税」によるものです。原稿料は、書いた文章を出版社や新聞社から受け取るものです。その金額は作家・小説家によって異なります。原稿用紙1枚あたり3000~5000円程度が相場ですが、当然、人気作家・小説家となると高くなり、原稿用紙1枚で3万円以上になることもあります。印税は、出版された本が売れるごとに作者に売り上げのおよそ10%が入る仕組みです。つまり、書いた成果への対価である原稿料と、その後ずっと売れていけば印税が入り続けるという魅力的な仕事なのです。 すぐに作家・小説家だけで生活していくのは難しいことですが、人々に感動や娯楽など、人生に潤いを与える夢のある仕事なので、創造力が豊かで書くことが好きな人には憧れの職業です。

作家・小説家になるには

自分の書いた小説が本となって出版されれば、作家・小説家としてのデビューとなります。ではデビューをするにはどうしたらいいかということですが、出版社の主催する文学賞に応募して、受賞をすると書籍化されますのでそれが一般的なデビューの流れです。出版社へ作品を持ち込みして売り込む方法を耳にしたことがあると思いますが、残念ながら現在はほとんど受け付けしてもらえません。もし持ち込みをするのなら、「新人賞や文学賞に落選はしたものの、最終選考まで残った」などという、客観的に判断できる売り込みポイントが必要でしょう。また、インターネットで小説を公開して話題になると、出版社の方から「本を出しませんか?」と声がかかることがあります。作家・小説家になるには、常に書き続けて、発表の場を作ることが重要です。

作家・小説家講座探しのポイント

作家・小説家を目指す人は当然読むことが好きな人でしょう。小説を書くためにはある程度の文章力が必要であり、それを高めるには、優れた文章をたくさん読むことがとても大切です。漢字や文法、表現など基礎国語力だけではなく、小説の世界のみで使う独特な言い回しや表現方法はたくさん読むことで学べます。 ストーリーさえ浮かべば書くことは誰にでもできますが、小説の書き方にも構成などの基礎知識やテクニックが必要です。そのような専門的な事を学ぶには、本や通信講座・スクールで学ぶのがよいでしょう。特に通信講座やスクールでは、課題の添削・アドバイスをしてもらえるので、よりよい文章にするための「気づき」があり、文章をより魅力的に読者に届けられるような技術を身に付けることができます。講座を選ぶ際には、どのようなことを学べるのか、自分が文章を書く上で欲しい知識、今足りないと感じている要素を意識して探すとよいでしょう。

 

ケイマナニュース!

作家・小説家学校の検索 / ケイコとマナブ.net