エディター講座

エディターの習い事は、本や雑誌、新聞などの刊行物の編集・出版についての知識や技能を身につけられ、出版社や編集プロダクションなどで活躍する道がひらけます。DTPや電子書籍など新たな技術が普及しているいま、幅広い能力を持つエディターのニーズが高まっています。編集についての技術を身につけることで、作家へ転身することも期待できます。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のエディター講座を見る

エディター

エディターとは

エディターとは、編集者のことです。編集者の仕事は多岐に渡ります。書籍や新聞などの企画立案からライター・カメラマン・イラストレーターの手配・依頼、制作管理、原稿校正など、すべての業務に編集実務の担当者として携わることになります。現在では、書籍などの紙媒体だけではなくwebサイトやメールマガジンなどネットメディアの編集を担当するエディターも増えてきました。エディターにとって最も必要とされるものは企画力です。今、読者が何を求めているかを敏感に感じ取り、そのニーズに合わせたコンセプトを提供すること。そのためにエディターには、日々の生活で常にアンテナを張り、興味のあるものに飛び込む好奇心が必要です。

エディターになるには

エディターになるには、何かに特化した能力よりも編集実務に関するオールマイティな能力が求められます。一般的には専門学校などでスキルを身につけ、出版社などに就職しアシスタントとしてキャリアを積みます。フリーとして独立する人もいます。編集者は、縁の下の力持ち的な存在なので、その名前が表に出ることはほとんどありません。ただ編集者の中には、近年自らを積極的に発信する方も登場し、活躍の場が広がりつつあります。また、視覚情報が重視されるネットメディアの編集では、エディターの能力が書籍よりも重要視され、その活躍に大きな期待が寄せられています。

エディター講座探しのポイント

エディター講座探しのポイントしては、「エディター」単独の講座が少ないことが挙げられます。多くの講座で「エディター」「ライター」をそれほど区別していないことが多いです。これは求められる能力が似ているということもあります。ただエディターの仕事とライターの仕事では決定的に異なっている点があります。それはエディターには、企画全体を統括的に俯瞰的に見下ろす役割が与えられているということです。つまり「マネージメント」という仕事が編集者には与えられています。エディターを目指すなら、なるべくこういう「マネージメント」がカリキュラムに含まれている講座を選ぶべきでしょう。通信・通学を問わず、講師の質というのも重要です。最近ではwebサイトなどネットメディアにもフィールドが広がっているので、ネットメディアに詳しい講師が在籍しているというのもポイントになりそうです。

 

ケイマナニュース!

エディタースクールの検索 / ケイコとマナブ.net