ライター講座

ライターの習い事は、ライターに必要な文章能力や仕事上必要になるリサーチ能力などを養うことができます。ライターの仕事は幅広く、フリーペーパーでの企業の紹介文から、雑誌などの記事まで、さまざまなものがあります。在宅での仕事も可能であることから、主婦層にも人気があります。リサーチ対象について知ることになり、知的好奇心も満たせる仕事です。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のライター講座を見る

ライター

ライターとは

ライターとは、取材をしたり資料やデータを調べたりしながら、多くの情報を収集し、読み手にわかりやすい文章で記事を執筆するのが仕事です。主に出版社や新聞社から依頼を受けて契約することが多く、雑誌・書籍の記事や、新聞紙面のコラム記事など幅広いジャンルを執筆します。 出版社などで正社員のライターとして働いている人は少なく、多くはフリーランスとして働き、自ら企業と契約を交わして、仕事をすることが多いでしょう。近年では、紙媒体からWEB媒体へ需要が移りつつあり、インターネット上で公開されている様々なサイトの記事を、フリーランスのライターに向けて、企業や個人が発注することが多くなってきています。 記事を書くこと以外にも、現地へ取材に行ってインタビューを集めて編集したり、任されたページ全体のデザインまで手掛けるライターもいます。

ライターになるには

ライターになるには、学歴や資格などは特に必要ありませんので、誰でもなることができます。しかし、それはあくまでフリーランスのライターのことで、正社員や契約社員のライターとして企業に勤めたい場合は、企業の採用試験を受けなければなりません。中途採用者のライターを募集することは極めて少なく、育成枠も含めて大学新卒者に対して、求人枠が設けられることがありますが、非常に狭き門だと言えます。 ライターとして依頼を受け、活躍するためには、日ごろからニュースなどで時事問題に精通し、幅広い知識を得ることが大切です。反対に、自分の得意な分野だけに特化し、狭く深く掘り下げた知識で勝負するライターもいますので、自分がどんなライターになりたいかをじっくり考えてみましょう。

ライター講座探しのポイント

未経験の人がいきなりライターとして記事を書くことは、なかなか難しく、書けたとしても時間がかかりすぎたり、企業の求める内容になっていなかったということもあります。 ライターとして働きたいと思ったら、ライター講座を受講してスキルアップを目指すのがおすすめです。ライター講座探しのポイントは、「無理なく通える範囲に教室があるか?」「どのようなライターを目指す内容か(コピーライター養成など)?」「費用はいくらぐらいか?」をチェックすることです。また、通学が難しい場合は、通信講座もありますので自分にあった講座を見つけましょう。

 

ケイマナニュース!

ライタースクールの検索 / ケイコとマナブ.net