建築士・建築家講座

建築士・建築家の習い事は、将来的に建築士や建築家などの職業に就きたい人が、資格取得のために通うスクールです。また、建築に関する職業に就いている人でも、さらなるステップアップのために、上位の資格を取得するべく習い事に通っているケースも多いです。建築士・建築家になるために必要な知識・経験は多く、独学では限界もあるため、習い事に通うのは、おすすめです。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の建築士・建築家講座を見る

すぐ予約できる建築士・建築家の一回完結・体験レッスン

通学講座を探す体験レッスンを探す

建築士・建築家

建築士・建築家とは

建築士は、建築物を建てる際の設計図を作成したり、実際の工事を監督として管理する職業です。クライアントの希望や予算、建築法に基づいた構造やデザインの設計、官庁への手続きなど建築にまつわる仕事を幅広く手掛けています。建築士には設計できる建築物の大きさによって一級、二級、木造建築士という3種類の国家資格があります。一級には制限がなく、高層ビルや巨大建築物も設計工事できますが、二級は延べ面積が500平方メートルまでの建築物(木造の場合は300平方メートルまで)、高さ13m以下といったように大きさに制限がかかります。木造建築士はその名の通り木造建築だけを担当する仕事で、こちらも延べ面積300平方メートルまでの木造建築を設計することができます。一方、建築家には具体的な資格がありません。建築のデザイン性や作品性を重要視する人のことを建築家と呼称することがありますが、実際に建築するには建築士の資格が必要です。美しいデザインやセンスが問われると思われがちな設計工事の仕事ですが、アイデア以外にも建築法や予算の範囲内でクライアントの希望をどれだけ叶えることができるか根気よく試行錯誤する能力も必要です。

建築士・建築家になるには

先に述べた通り、建築士は国家資格です。建築士の資格試験を受けるには、資格ごとに定められた学歴と実務経験を満たすことが必要です。例えば大学で建築について学んだ人は0~2年の実務経験で試験を受けることが出来ますが、建築についての学歴がない場合は二級、木造建築士でも7年の実務経験が必須となります。この場合二級から一級を目指すにも4年の実務経験が必要となるので、これから二級、さらに上の一級を目指すのであれば高専か大学の土木部、建築学部で学ぶのが良いでしょう。特に大学の建築学部卒の場合は二級の実務経験が必要ないこと、一級に必要な実務経験が2年と短いことが大きなメリットです。二級の場合は7月に4つの学科試験、9月に製図試験が行われ、これに合格することで晴れて一般的な住宅や建造物を手がけることができるようになります。

建築士講座を探すポイント

国家試験の中でも難関といわれる建築士の資格を取るためには試験対策が不可欠。大学の授業や実務経験にくわえて、通学や通信講座で効率的に学習することも合格の秘訣です。教材や体験授業の動画などが公開されていればぜひチェックしておきましょう。建築士合格を目指す講座には社会人に向けた夜間制のものや、学科試験および製図試験に特化したものなどがあります。週に数回の通学で時間をかけてプロの建築士から直接教わる方法も、自由にスケジュールを組むことのできる通信講座にもそれぞれにメリットがあります。自分の実務経験や試験までの期間、学費や困ったときにすぐ質問できるかといったサポート体制まで難関資格を突破するための無理のない学習ができるかを基準に選ぶことがオススメです。

 

ケイマナニュース!

建築士・建築家学校の検索 / ケイコとマナブ.net