製図・パース講座

製図・パースの習い事は、手書きで製図やパースが描けるようになりたい人から、就職に役立てたい人までさまざまなケース別に用意されています。パースの作成ツールは専門的なスキルが必要なため、ものづくりに欠かせない知識と技術を習得できて多方面でニーズがあり、製図・パースに関する資格を取得すると製造業や建築や設計事務所への就職や転職にも役立ちます。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の製図・パース講座を見る

すぐ予約できる製図・パースの一回完結・体験レッスン

通学講座を探す体験レッスンを探す

製図・パース

製図・パースの資格講座とは

製図とは、建築物や機械、電気回路などを作る際の設計図として作られます。設計者と製作者の情報伝達のための重要な手段となりますので、その線の種類や描き方は日本工業規格(JIS)によって厳格に定義されており、それぞれ意味が付されています。 パースとは、建築物の完成予想図や俯瞰図を透視図法に則って描いたもののことをいいます。このパースは、特に「建築パース」や「建築透視図」といいます。設計図面に基づいて作成しますので、建築に関する専門的な知識を必要とします。近年ではコンピュータで作成されたCGパースが広く用いられています。 製図・パースの資格講座とは、このように建築業界などで必要とされる製図・パースに必要な知識と技術を学び、製図・パースに関連する資格の取得を目指す講座になります。

製図・パースの資格講座のメリット

製図・パースの資格講座のメリットは、講師の先生から体系的に製図・パースの知識・技術を学ぶことにより、製図・パースについて効率的な学習ができる点です。 製図・パースには専門的な知識を用いる場面が多くあり、専門用語を必要とする世界です。製図においては、その描き方をしっかりと理解しておかないと思わぬミスをしてしまうこともあります。しっかりとした講師から指導を受けるようにした方が良いでしょう。 製図・パースに関する資格としては、CAD利用技術者試験などがあります。プロを目指すのならば、1級の取得を目指していくのが良いです。

製図・パースの資格講座のポイント

製図・パースの資格講座を探す際には、 1.資格の合格率 2.講師との相性 3.教室の雰囲気 の順番に、チェックしておきましょう。 まず資格の合格率はチェックしておきましょう。CAD利用技術者試験のほか、CADソフト大手のAutodeskが行っている試験などもあります。また建築系を目指すのならば建築CAD資格などもあります。それらの合格が講座の第一の目標になりますので、しっかりとチェックしておきましょう。講師の先生との相性は重要です。質問などがしやすい講座が一番良いです。次に教室の雰囲気も重要です。長く続けられるよう、相性の良さそうな講座を選んでみましょう。できれば一日体験などで、それらをチェックしておくと良いです。

 

ケイマナニュース!

製図・パース教室の検索 / ケイコとマナブ.net