件が資料請求リストにあります

インテリアコーディネーター講座

インテリアコーディネーターの習い事は、インテリアの事をもっと知りたり方や、仕事の職種の幅を増やしたい方などが学ぶことができます。インテリアコーディネーターの習い事をすることによって、インテリアを新しい視点で見ることができるため、今までとは違う生かし方や置き方などを見つけることができます。また、仕事のバリエーションも増え、あらゆる知識を身に付けられるところも魅力です。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のインテリアコーディネーター講座を見る

インテリアコーディネーター講座に関するコンテンツ

  • インテリアコーディネーターになるには
    インテリアコーディネーターは、既存の家具を組み合わせて空間をデザインすることが仕事です。これからインテリアコーディネーターを目指す人のために、インテリアコーディネーターになるための方法をご紹介します。
  • インテリアコーディネーターの仕事内容とは
    インテリアコーディネーターは、住居や店舗などの空間を、インテリアを通してデザインする仕事です。ここでは、インテリアコーディネーターの仕事内容についてご紹介します。
  • インテリアコーディネーターの待遇・収入について
    ここでは、インテリアコーディネーターの待遇や給与面の情報をご紹介します。また、未経験で就職した時と、経験者が就職した時の違いについてもご紹介します。

インテリアコーディネーター講座に関する体験談

  • 年齢
    24才 性別 男性
    【受講してよかったこと】ほとんど素人に近い知識しか持っていなかったこともあり、講座についていくことも大変でしたがなんとか資格を取ることができたのでとてもよかったです。大学などで建築を学んでいないからと見放されるようなこともなく、それでは基礎…
    4.0
  • 年齢
    28才 性別 男性
    【受講してよかったこと】1次試験はともかく2次試験は独学ではとても合格を勝ち取れないと判断して、専門学校に通学して勉強しました。今までの資格の中では結構難しく受験まで2年間みっちり勉強しました。
    4.0
  • 年齢
    39才 性別 女性
    【受講してよかったこと】仕事として、お客様のマイホーム作りのお役に立てたこと。また、自宅のマイホームのデザインが自分でできたこと。
    4.0

体験談一覧

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターとは

インテリアとは、内装材、窓、ブラインド、カーテン、家具や照明器具、ドア、間仕切りなどで構成された室内空間全体を指す言葉です。インテリアコーディネーターは、主に「住まい」に関するインテリアのコーディネートを行うことで、依頼主の要望に合った快適な住空間を作り出す仕事です。そのため、インテリア全体に関する幅広い知識、建築や空間デザインについての専門知識も求められることがあります。また、美的センスはもちろんのこと、依頼主の要望を聞き取るコミュニケーション能力や生活動線へ配慮するための想像力など、様々な能力を求められます。 住空間への要望が高まりつつある現在、インテリアコーディネーターの需要は高まりつつあります。また、オフィスのデザインなどでインテリアコーディネーターの意見を求められることもあり、その活躍の場は広がっています。

インテリアコーディネーターになるには

インテリアコーディネーターは、大学や短大で空間デザインや建築を学んだ方が、住宅関連企業や家具メーカーなどに就職してなるのが一般的です。高卒でインテリアコーディネーターの資格を取得し、仕事をされている方もいます。 会社によってインテリアコーディネーターの仕事は大きく異なりますので、就職前には、その会社においてインテリアコーディネーターがどのような業務をこなすかをしっかりとチェックしてから就職するようにしましょう。 インテリアコーディネーターの資格として、インテリア産業協会のインテリアコーディネーターの資格があります。インテリアコーディネーターの業務をされる場合、求められることが多いので、目指されている方は取得しておいた方がベストでしょう。

インテリアコーディネーター講座探しのポイント

インテリアコーディネーター講座を探す場合には、インテリアコーディネーターの合格率や、就職後の進路についてよくチェックしておきましょう。日本ではインテリアコーディネーターという職種がまだまだ定着しておらず、その業務の内容も会社によって様々です。 インテリアコーディネーターの資格を取得しておくことで、社内でインテリアコーディネーターの職務に従事できる可能性が高まりますので、まず資格の合格率は重要です。さらにできれば卒業生などの声なども見て、就職後、どういう職務に従事できるかもチェックしておくほうがいいでしょう。

 

ケイマナニュース!

インテリアコーディネーター学校の検索 / ケイコとマナブ.net