測量士補の仕事内容とは | ケイコとマナブ.net

測量士補の仕事内容とは

工事現場などで測量士の指示に従って測量を行うのが測量士補です。自らの判断では作業が行えないサポートのような役割ではあるものの、その存在は決して欠かすことができないものです。仕事においては大いにやりがいを実感できるでしょう。
ここでは、測量士補の具体的な仕事内容をご紹介します。

測量士補の仕事内容について

測量士補の仕事を理解するためにはまず、測量士の仕事を理解しなければなりません。測量士は特定の土地の広さや形、任意の2つのポイントの距離、地面の傾斜や、建設途中の建物の細部の数値を測定することと、その計画を立てることを仕事としています。

測量士補は、簡単にいってしまうと測量士のこれらの仕事をサポートすることを仕事としており、測量士が作成した測量計画に基づき、その仕事を遂行します。そのため、仕事は測量士と共にすることが多くなります。

測量士補が専門とする測量の分野とは

測量士補が専門とする測量の分野とはどのようなものなのでしょうか。

まだ、工事が開始されていない段階の工事現場で、三脚についたカメラのような機器を使用し、何かを測定しているところを見たことがあるという人もいるかもしれません。あのカメラのような機器が実は測定器であり、その周辺で作業をしている人が測量士、あるいは測量士補ということになります。

このことからも分かる通り、測量士補が専門とする測量の分野は土木技術、土木工学の分野であり、具体的には工事現場などが活躍の場となります。

測量士補の魅力(やりがい)

率直にいってしまうと、測量士の仕事ですらその実情は決して派手なものではありません。
しかしながら、工事現場において測量士補が測量士と共に計測した土地の広さや形、傾斜などのデータは、建物を建設する上では決して欠かすことのできないものです。

また、些細なデータの計測間違いが発生してしまうと、その影響は建物全体にあらわれてしまうため、とにかく正確な測量が要求されます。
その分、自身がデータの計測を行った土地に立派な建物が建ったときの感慨はひとしおで、それこそが測量士補の最大のやりがいのひとつといえます。

測量士補の一日の流れ

測量士補の一日の流れは、習熟度などによっても異なります。ここでは、ある程度仕事に慣れ、測量士に帯同し、現場での測量が行えるようになった場合の一日の流れをご紹介します。

例)
出勤

準備:その日の測量現場、測量内容などの確認や打ち合わせを行います。

現場へ出向:測量に使用する機器などを揃え、測量を行う現場へ社用車にて向かいます。

測量開始:測量士が作成した計画のもと、現場にて測量を開始します。

測量終了:測量で得たデータを記録し測量終了となります。場合によっては、ひとつの現場でランチをまたいで測量を行うこともあります。

ランチ

次の現場で測量開始:ランチが終わったら次の現場へ向かい、再び測量を行います。

帰社:測量が終了次第帰社となります。1日に向かう現場の数はその日によって異なります。

退勤:その日の業務のまとめ、翌日の確認などをしたら退勤となります。

測量士補を通じて身につくスキル

測量士補の仕事では以下のようなスキルを身につけることが可能です。

測量士の資格を取得するためのスキル

測量士補の仕事は当然測量士の仕事にも直結しています。
測量士補が測量士になるためには、新たに測量士の資格を取得しなければなりませんが、測量士補の仕事ではそのために必要な仕事上のスキルも身につけることが可能です。

GPS、ドローン、3Dプリンターの操作技術

従来の測量では三脚がついた測量器を使用するのが一般的でしたが、最近ではGPSやドローン、3Dプリンターなどの機器を使用し、測量やデータの記録を行うことも多くなっています。
そのため、測量士補の仕事を行う上ではこれらの最先端機器を操作するスキルも身につけることが可能です。

測量士補の将来について(キャリアプラン)

測量士補は、未経験の状態で測量事務所にアルバイトとして勤務し、資格が無くても行える業務をこなしながら資格取得を目指すという人も少なくありません。

また、職場によっては、測量士補だけでなく、測量士や土地家屋調査士、建築士などの資格取得を目指せる体制が整っていることもあるので、さらなる資格取得というステップアップを目指しながら働くことができるでしょう。
測量士補の経験を得ることで測量士の資格を取得することも可能です。
測量士補として1年以上経験を積み知識を増やしていき将来的には測量士になるのも夢ではありません。そのため、まずは測量士補で業務をこなしながら知識を深めるのも一つの手段と言えます。

また、測量士補の仕事は地震などの天災で多くの家屋が倒壊してしまった地域などでもニーズがあります。そのため、地震や台風などの天災が多い日本においては、その必要性が常に高い状態が続くことが予想されます。

測量士補の仕事内容は決して派手で華やかな仕事ではありません。直接誰かから感謝されるようなことは少ないでしょう。
しかし、そのような中でも実際に活躍している人たちがいるからこそ、人々が暮らせるということもまた事実です。
測定してデータをコツコツと集めるのが好きといった人や、地道に行える仕事をしたいと考えている人には向いている仕事内容なのかもしれません。