聖徳大学短期大学部通信教育部の働きながら最短1年で資格取得!経済的な負担も軽減 図書館司書課程

件が資料請求リストにあります

駅近 提携教育ローン 就職・開業サポート

千葉県松戸市岩瀬550   [地図]

資料請求する

さらに詳しい情報はこちら

図書館司書 働きながら最短1年で資格取得!経済的な負担も軽減 図書館司書課程

通信講座 初心者

専門科目26単位を科目等履修生として学ぶ!

【教育訓練給付制度対象】フルタイムやパートタイムなど働き方を選んで長く活躍が目指せる「図書館司書」。その資格取得に必要な専門科目26単位のみを科目履修するコース。100万冊が収蔵可能な学内図書館を使った体験型スクーリングも人気! 大学・短大の既卒者は、最短1年での資格取得を目指せる。登録は2年間有効で、2年目は無料で在籍できるのも魅力だ。教育訓練給付制度の指定講座で、受給資格を満たすと、修了後、国から受講料の一部(20%)が支給される。 ※2019年度出願期間 春学期生:12/20(木)~4/26(金) 秋学期生:7/1(月)~10/31(木) ※説明会日程は同学HPで確認

  • 単位修得のための科目終了試験は、札幌から那覇まで、全国32都市で年2~6回(松戸キャンパスは10回)、日曜日に実施する
費用 (消費税についてはこちら) 132,000円
費用補足:※他諸費用有。2年目は無料で在籍可能。詳細は募集要項参照
支払例 一括:132,000円
支払例補足:教育訓練給付制度対象
標準学習期間 1年
期間延長 登録期間2年。再登録も可能。
添削回数 履修科目により異なる
学習ペース 学習ペースは個人で異なる
教材(送付物) 学習のしおり、シラバス・レポート課題集、各教科書、聖徳通信(月1回発行)など

カリキュラムの特徴

司書の専門知識に加え、大学図書館などでの体験型スクーリングで即戦力スキルを修得できるのも聖徳ならでは! 図書館の社会的役割から、図書館経営、資料収集、サービスといった発展的な知識まで段階的に学べるテキストを厳選。実際に学内図書館を使って資料を検索し収集するなど実践的なスクーリングは、各地で学ぶ学生に配慮し、夏や春に2~3週間のまとまった日程で開講。 ※スクーリングは3日間×6科目が必要。平成29年度から司書課程スクーリングは、ゴールデンウィークと冬(12月)にも実施。各科目の開催が年2回から3回に増えたことで、「1年で確実に」図書館司書資格の取得が可能に!

おすすめポイント

POINT

1
現場で活きると修了生から高く評価される「体験型の学び」

図書館司書に求められる知識やスキルはもちろん、現場ですぐに役立つ実践力が「体験型の学び」を通して修得できる。100万冊収蔵可能な自動書庫を備えた学内図書館を利用したレファレンス体験や、現代の図書館が抱えるリアルな問題を受講生同士が考察しあうグループワークなど、実務に直結した密度の濃いカリキュラムは、資格取得やスキルアップにとどまらない達成感と学習満足度を得られると、修了生から高く評価されている。

POINT

2
登録期間は2年。2年目は無料で在籍できるシステム

大学や短大を卒業した人は、最短1年で取得が目指せる。登録期間は2年間だが、2年目は無料で在籍OK。1年で学んでも、じっくり2年で履修しても、費用の総額が変わらないのも大きなメリット! 福祉・教育・公共施設に勤務する人を対象に登録料3万円を減免する「SEITOKU指定施設推薦奨学制度」(詳細問合せ)も導入している。

POINT

3
現場経験豊かな教員による指導で最新情報まで学べるカリキュラム

授業を担当するのは、通学課程でも指導している教員。通学課程と同じく体験型スクーリングを多く配置し、現場経験豊富な教員の指導で、資料・情報管理のスキルから「図書館の今」まで学び取ることができる。

この講座の特徴

受講期間 6ヶ月~
対象 初心者・経験者
受講形式 説明会・スクーリング有・添削あり
費用 一括払い・給付金制度
目的 資格を取りたい

受講者の声

キャリアを強くする資格を取得。可能性も将来の夢も広がりました!

聖徳を選んだ決め手は、必要な専門科目のみを通信教育で学べ、最短1年で資格取得できる環境。体験型スクーリングの機会が豊富で、大学図書館を使った演習で実務に直結した知識やスキルを身につけることができました! 資格取得後も保育士として働いていますが、発達段階に応じた絵本を増やすなど、学んだ知識を活用しています。将来はこども図書館や小学校の図書館などで、本を読む楽しさを子どもたちに伝えていきたいですね。

プロフィール:上芝 未希さん

短大卒業後、保育士として8年ほど勤務していたが、図書館司書資格を取得するため、聖徳で学ぶ。平日2時間の学習を続け、1年で修了、資格を取得。スクーリングで出会った仲間の存在が心の支えになったという。

●この講座を選んだ理由は?

保育士として経験を積む中で「自分のキャリアにプラスとなる資格がほしい」という想いが強くなり、図書館司書資格の取得を決意。読書が好きだったことに加え、本を通して子どもたちの心の成長をサポートできるのでは、と考えてのことでした。

「通信教育は頑張った分だけ成果が上がります。“ 絶対に修了する”という気持ちがあれば大丈夫」と上芝さん

聖徳大学短期大学部通信教育部のその他の教育・教養