【Tadaku】Foomyさんが教えるドイツ家庭料理教室の本場の家庭料理を作ってみませんか~南ドイツ・バイエルン地方の家庭料理~

件が資料請求リストにあります

営業時間/ 月, 火, 水, 木, 金, 土, 日  09:00~18:00

さらに詳しい情報はこちら

その他料理教室・料理学校 本場の家庭料理を作ってみませんか~南ドイツ・バイエルン地方の家庭料理~

通学講座 少人数制 初心者

6歳から25歳まで実際にミュンヘンに住んでいた先生の自宅でドイツ家庭料理が学べます。

ドイツに住んでいた先生の自宅で食を通してドイツ文化も学べます。ドイツ旅行前の予習や、駐在や留学/旅行の思い出を懐かしむ目的、場合によってはドイツ語も。日本にいながらホームステイのような感覚で家庭料理を習いましょう。

費用 (消費税についてはこちら) 入学金:無料
受講料:5,600円
その他の費用:0
期間・回数 1回完結 (1回完結 1回4時間程度)
開講時期 随時開講
受講形式 少人数制
持ち物 エプロンとメモ帳、タッパー

メニュー詳細

POINT

1
Schweinebraten (豚肩のオーブン焼き)

バイエルン料理の代表作のシュヴァイネブラーテンには、肩かバラを使います。ポイントは焼く前に切れ目を入れ、マスタードを塗ってキャラウェイシードをまぶすことです。冬野菜とハーブを足して約1時間焼きましょう。

POINT

2
Kraftbrühe (野菜と骨のスープ)

喫茶店や飲み屋さんにも必ずある典型的なドイツのスープです。
大量の骨とブーケガルニでグツグツ煮込んで数日間持ちます。 冷えるとゼリー状になって、それを夏場のビアガーデンで酒のつまみに食べたりもできますが、冬は、残り野菜と水を足してさらに煮こみます。

POINT

3
キャラウェイシードとベーコンのキャベツサラダ

Krautsalat mit Speck und Kümmel
バイエルン式コールスローと呼ばれますが、コールスローより酸っぱく感じるかと思います。作り方には、店や家庭によって違いますが、必ず使われるものが一つあります。それはキャラウェイシードです。キャラウェイは消化を助ける作用があります。

POINT

4
Apfel-Zimt-Jogurt mit Honig

りんご、シナモンと蜂蜜の濃厚ヨーグルト: 南ドイツ人は酸っぱいものが好きで、酸味の強いりんごとヨーグルトをよく食べます。日本のりんごは甘いので、火を通してコンポートにして、レモンを足すといいでしょう。南ドイツ人はりんごの収穫後、大量に煮込んでコンポートやジャムなどにして保存食として使います。

この講座の特徴

受講期間 1回完結
対象 初心者・シニア・男性歓迎
受講形式 少人数制
費用 一括払い
目的 趣味として

【Tadaku】Foomyさんが教えるドイツ家庭料理教室のその他の料理講座

【Tadaku】Foomyさんが教えるドイツ家庭料理教室の近隣スクールの料理講座